人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

旅行中キャリーケースの車輪の動きが悪いと感じていたら、車輪のゴムにクラックが・・・・

愛用のキャリーケース、車輪修理をしないと使えなくなりました。 

d0341582_08092577.jpg


機内持ち込みサイズ、軽量で使いやすかったキャリーです。
修理、HPで調べると キャスター交換3,500円+税 と書かれています。


修理に出したら絶対に車輪4個交換と言われる。1個修理してもまた違う車輪の損傷の恐れが大
キャリー持ち主の👨に、もうかれこれ8年ぐらい…以上?は使っているので
「新しいの買ったほうがいいと思う」と進言しても
「修理! 修理に決まっているやん」と言います。 モッタイナイ精神  ☆彡 

「修理!」というので 
カスタマーサービスに📞して HPから「修理見積もり」を依頼しました。


修理見積 キャリー4個交換 17,280円  宅配代1,728円 が来ました。
我が家から修理依頼の宅配代も必要です。 


👨に修理見積内容を言ったら「買い替え!にしよう」
「最初から買い替えと言ってるやン」 判断 ワル ・・・ブツブツ・・・・


今、旅行鞄のバーゲンをしていたので デパートに実物を見に行きました。
買おうとした商品は少し重たい。 もう1候補があったのですが黒色の在庫がない
ストッパーのかかる商品もあるようです。 
もう少しじっくり考えて買うことにします。




by sakura81-26 | 2019-06-29 08:18 | 日々のこと | Comments(0)
旅行4日目 大鰐温泉から12:17 JR奥羽線で 弘前駅へ
藤田記念庭園 → 弘前城見学 → 弘前駅からバスで青森空港 → JALで帰路につきます。
弘前駅に荷物を置き 100円バスで弘前城へ

ひと先ず藤田記念庭園のレトロな洋館の大正浪漫喫茶室アップルパイでお茶の時間  
昼ご飯の時間ですが、全くお腹が空いていません。

d0341582_07474102.jpg


d0341582_10081292.jpg


園内は高さ13mの崖地をはさんで、高台部と低地部に分かれており、
高台部は岩木山を眺望する借景式庭園で、洋館、和館、匠館が建ち、建物の中を見学する事ができます。
 低地部は池泉廻遊式庭園で、歩きながら、ハナショウブ、ツツジの群落、滝などの景趣の変化を楽しむことができます。


d0341582_10095315.jpg
津軽塗 (ななこ塗)のタンスが立派です。



弘前城  
石垣側面劣化のため 天守を曳家移動、現在の姿で展示されています。
何も知らず天守閣を見学に行ったのでびっくりしました。



d0341582_10084761.jpg


天守から見た岩木山
d0341582_10091386.jpg


d0341582_10102384.jpg


天守展望スペースもあり 天守閣の屋根が間近に見学できます。
桜祭りの古いポスターが展示してありました。 古くは棟方志功の版画ポスターです。

d0341582_10131769.jpg


10年の歳月をかけて修理される天守石垣 城天守閣 曳家工事 全国的にも珍しい工事だそうです。
天守閣内にも曳家工事のパネルがありますが、弘前公園総合情報のHPで下調べしていくと良いですよ。

弘前城の天守閣  
一般のお城のように天守閣が単一の石垣の上に築城されているのではなく、
広大な内堀に囲まれた土地の内堀に面した場所に設置されているので曳家が可能だったのでしょうか。


弘前公園HP  「お城が動く」で詳しく天守閣曳家工事のことが載っています。
www.hirosakipark.jp

2007年 天守付近の石垣壁面が経年劣化により膨らんで崩落する可能性があることが判明
2015年 天守を仮天守台へ移動させる曳家工事が行われました。
     高さ14.4m 総重量400tの三層からなる弘前城天守が3か月かけ70m移動しました。


三の丸追手門 三の丸東門 二の丸南門 北の郭北門

d0341582_10093767.jpg


内堀は、石垣修理のために水が抜かれています。
外堀の水面に映る緑がとてもきれいでした。

d0341582_10255695.jpg


d0341582_10262140.jpg

次回訪問は桜の頃に 弘前城郭 大変広いので疲れました。 


藤田記念公園横のスターバックス レトロな街に合う素敵な外観です。

d0341582_10321444.jpg


弘前駅にバスで出て お茶をしてから、空港バスで 青森駅に向かいました。


今回の旅行天候にも恵まれ、大沼公園・五能線 不老ふ死温泉・十二湖青池・弘前と3泊4日の個人旅行 
電車の時間に合わせての移動でしたがゆっくり温泉につかり、非日常的な時間が過ぎていきました。


2018年10月・2019年5月年と3年続けて青森に来ています。🙌 
大沼公園や青森の街 新緑がとてもきれいでした。





by sakura81-26 | 2019-06-28 11:20 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(0)

らっきょう漬け

26日、遅い梅雨入りとなりました。

今年は、4㎏のらっきょうを買ってきて漬けました。
簡単な漬け方で漬ける「醤油漬け」 と 「甘酢漬け」
塩水で一度漬けてから2週間後塩を抜き、甘酢に漬ける「本漬け」と三種類の漬け方で作りました。


1回目 
土付きの小さめのらっきょう(福井産) 芽と根をしっかりとり、皮をむき 
沸騰したお湯に10秒通し熱湯消毒後、粗熱を取り 醤油漬けまたは甘酢漬けにする簡単な漬け方です。

しょうゆ漬け 
NHKみんなの今日の料理のレシピ 河合真理さんのレシピで漬けてみました。 
醤油 130㏄   酒 100㏄  酢 50㏄  みりん 大2  昆布だし 100㏄

醤油だけで漬けるとまろやかさがないので一度こちらのレシピを 試しました。


甘酢漬け 
らっきょう酢の基本分量 (ラッキョウ 1㎏に対して)
  酢 350g  水 150g  砂糖 250g 
我が家はこの材料に 砂糖100gを追加します。 甘いのが好きです。

らっきょう酢  自分で作りましょう。 簡単です。


d0341582_17223698.jpg


2回目 
デパ地下で大きめの鹿児島の皮つきらっきょうが 1㎏460円で売っていました。
安いので2㎏購入  こちらのらっきょうは、塩で下漬けをする本漬けで漬けます。

らっきょう1㎏に対して  水700g  塩 150gの塩水に2週間漬けます。

2週間漬けた後は、塩抜きをして甘酢に漬けます。
この漬け方のほうが、らっきょうのシャキ感があります。 


今年は頑張っていつもの倍 4㎏漬けました。 らっきょうの掃除に時間がかかります。
根・芽・皮をとると650g~700gぐらいになります。


by sakura81-26 | 2019-06-27 17:33 | 料 理 | Comments(2)
垣谷美雨著 「定年おやじ改造計画」

d0341582_11291093.jpg

主人公に似た家人がいます。 夫源病じゃないけれど 「お父さん被害」にたびたびあっています。

ま~~ 似ていることが多くて、共感して久しぶりに一気に楽しく読みました。

知人、主人定年後、女だけが家事をするのはおかしい。 家事は70歳定年制にしてほしいと
周りに「夫源病」だと言って体調を崩されている方もいます。


👨 サラリーマン時代は、企業戦士と言いましょうか? 仕事・仕事で
主人公の息子さんのように家事など一切手伝おうとしませんでした。

62歳で会社を替わりオフィスワークとなり、カレンダー通りの休み・定時退社となり時間にゆとりが出来た👨です。

フィルターでコーヒーを淹れられるようになりました。(美味しいコーヒーをと教えました。)
早寝早起き 4時半起床 パンを焼いて 気が向けばベーコンエッグも作るようになりました。
(早起きに付き合えない嫁の起きる時間まで空腹が我慢できず・・・)

洗濯は、奥さんが旅行で不在の時だけ。
タオル・ジムの衣類がカビるので必ず洗濯するように。
「置いといたらダメかな~」  「ダメ~。 カビは万病のもと」
洗剤・漂白剤・仕上げ剤が一緒になった3D洗剤入れてスイッチを押すだけ 干すのは大変ですが・・・

掃除は、自室の掃除機のみ
一日はびこっているリビングの掃除は、ルンバのスイッチを押せばいいだけですが、
掃除するという概念が全くないようです。

家事は、嫁がやることと思っている世代ですが、
今までしなかったことも少しずつ  意識改革すれば何事もできます。 

本のように誰しもが簡単に意識改革はできないけれど
仕事をやめたら家事も少しやってほしいと思うこの頃です。 




by sakura81-26 | 2019-06-26 11:34 | 日々のこと | Comments(2)
旅行3日目 6/13 十二湖1時間トレッキング後 十二湖駅に送ってもらい五能線で弘前へ

弘前は、初めての訪問です。 レトロな建物見学散歩と弘前城の観光を楽しみに来ました。
弘前駅前バスターミナルから 土手町循環100円バスに乗り市役所前へ 

旧弘前市立図書館 旅行本で一番に紹介されている白とグリーの鮮やかな色の建物
設計・施工 堀江佐吉  
明治39年日露戦勝記念として建てられたもので、昭和6年までは市立図書館として利用されていました。八角形の双塔を持つルネッサンス様式の木造モルタル3階建てです。

d0341582_20523509.jpg


旧東奥義塾外人教師館 設計施工 堀江佐吉
東奥義塾は、明治5年 県内に最初に開校した私学校の外人宣教師館

d0341582_20512493.jpg

d0341582_21033848.jpg
2Fは当時の生活を展示 無料で公開されています。


レトロな建物のレストラン(サロン・ド・カフェ アンジュ)で遅めのランチ。
窓から追手門広場 ミニュチア建物を見ながら食事ができます。

d0341582_20520616.jpg


d0341582_21035015.jpg

青森マダムは、パフェを食べておられます。 パフェがおいしそう。 満腹で食べられないのが残念。
皆さんワンコイン?の本を持ち来店 これも興味深々


弘前市立観光館 山車展示館で弘前ねぷたの山車展示を見ました。
藩政時代からの弘前八幡宮祭礼の山車(和徳町の米山、土手町の猩々山(しょうじょうやま)など)現存する7つの山車と津軽剛情張大太鼓を保存展示しています。

d0341582_21515569.jpg

青森市は、「ねぶた」  弘前は 「ねぷた」というそうです。


旧五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)木造2階建て(重要文化財】
設計者・堀江佐吉の最高傑作

d0341582_20530801.jpg

入場料 200円 建物内部も見どころは多い
銀行の資料を見る機会は少ないので興味深く見学しました。



 弘南鉄道中央弘前駅の入り口から見えた 日本聖公会弘前昇天教会 1920年築 

d0341582_21190734.jpg



今日も早めにホテルに入ります。 
大鰐温泉  JR奥羽本線を使うと11分 しかし12:51の次は16:46 普通電車がない
      弘南鉄道 中央弘前 → 大鰐温泉  1時間に1本あります 所要時間30分
弘南鉄道で昔乗ったような古い車両でガタゴト揺られて大鰐温泉駅へ ホテルの送迎バス利用



今日の宿泊 界 津軽    ロビーは津軽の風景を描いた加山又造の壁画

d0341582_21233235.jpg

池は、津軽ビードロでライトアップ 
こちらのご当地楽は、津軽三味線の生演奏 聴きごたえがある津軽三味線の演奏でした。

d0341582_20574918.jpg

目の前で音源を通さない演奏が聴けるのがとてもいいです。
どうしたらあのように指が動くんでしょう。
津軽三味線の演奏後  娘は津軽三味線演奏にトライしていました。
サ・・ク・・・ラ♪ ・・サ・ク・・ラ♪  難しいそうです。


夕食 アワビのしゃぶしゃぶや大間のマグロを頂きました。 

d0341582_21250561.jpg
d0341582_20544670.jpg

美味しく完食 ごちそうさまでした。

天ぷら 青森のトウモロコシ ダケキミが出てきていました。甘くておいしいトウモロコシです。


朝食  郷土料理 帆立貝のみそ焼き。
    焼きサバの横にある添え物が気になります。 瓢箪のシバ漬けでした。


d0341582_20550817.jpg
d0341582_20535080.jpg

着いた日は、 ねぷたに使用されていた和紙で小さなうちわ作り 
和紙の柄の良いところを使って貼るだけ~です。

朝食後、温泉にゆっくり入り 娘と紙のしおりにこぎん刺し  

部屋にはいたるところに「こぎん刺し」がディスプレイ されています。


旅行3日目は、十二湖トレッキングの予定を入れ 8時ロビー集合とあわただしく不老ふ死温泉を発ちました。
1日目、3日目のホテルは、早めにホテルに入りチェックアウトまでゆっくりと温泉に入り くつろいだ時間を過ごしました。

宿泊した三か所の温泉は 神経痛などに効用がある泉源  身体がぽかぽか温まりす。


11時30分チェックアウト ホテル送迎バスで 大鰐温泉駅へ
JR奥羽本線12時04分で弘前に向かいます。


4日目  弘前と言えばアップルパイを食べる。  藤田記念庭園 弘前城 へ
     弘前駅前16:13分のバスで青森空港に向かいます。 1000円



by sakura81-26 | 2019-06-25 09:08 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(0)
40数年ぶりに大原美術館へ 


フランス ジヴェルニー村のモネの庭から送られてきた睡蓮の株で作られた、「モネの睡蓮の池」 
睡蓮がきれいに開花していました。

d0341582_17355732.jpg

d0341582_17372520.jpg

d0341582_17452078.jpg

d0341582_17370043.jpg


もとは大原家の米蔵を改造した工芸館 の中庭に面した小さな池

クロード・モネは、 パリ郊外の小村ジヴェルニー村に居を構え、日本風の太鼓橋や睡蓮の池を配した素晴らしい作品を作りました。大原美術館本館で展示している 油彩画≪睡蓮≫は、大原美術館の基礎となる西洋絵画の収集にあたった洋画家児島虎次郎(1881~1929)が1920年秋ジヴェルニー村を訪れモネから直接購入したものです。このような縁がきっかけとなり2000年ジヴェルニー村から大原美術館に睡蓮の株が送られてきました。by 美術館 

d0341582_17363456.jpg

エルグレコ 受胎告知  岸田劉生 童女舞姿 ・・・ 
棟方志功 浜田庄司 河井寛次郎 バーナードリーチの作品を見てきました。

d0341582_17380600.jpg


逆光でどうもうまく撮影できません。 iphone8の撮影です。

40年前に来た時 所せましと絵画が展示されていた記憶があります。 記憶違いかも?
棟方志功の版画が特に印象に残っていました。

親戚のお見舞いに倉敷市へ 
市立美術館の駐車場がいっぱいなので駅の市営駐車場に車を止めて、大原美術館へちょっと立ち寄りました。


美観地区は、ほとんどがアジアの観光客でした。 

d0341582_17374664.jpg




by sakura81-26 | 2019-06-23 17:49 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
弘前、初めて訪れました。 弘前と言えば弘前城の桜とリンゴ・・・アップルパイ

旅行4日目 
藤田記念庭園内にある大正浪漫喫茶室でアップルパイを食べお茶をしました。

d0341582_07471543.jpg

こちらの喫茶室 弘前のアップルパイ7種類から選べます。
アップルパイと飲み物のセット 770円

上 タムラファーム  紅玉を使い サクッとした生地
下 津軽ゆめリンゴ  青森産の小麦粉を使っているそうです。
メニュー全部食べてみたい  美味しくいただきました。


弘前出身の藤田謙一の別邸として1921年(大正10年)に建てられたレトロな建物の喫茶室のサンルームでいただきます。

d0341582_07474102.jpg


d0341582_07475278.jpg




アップルパイで町おこし 立派なアップルパイ パンフレットが用意されています。

d0341582_08195446.jpg

d0341582_07495146.jpg

さてどこでアップルパイを食べようか迷います。 
アップルパイ 弘前ネット検索 
弘前城見学前に レトロな大正浪漫喫茶室でいただきました。 青森県弘前市大字上白銀町8-1 藤田記念庭園内




by sakura81-26 | 2019-06-21 08:25 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(6)
十二湖の1時間トレッキングコース 散策に杖を持っていきました。

坐骨神経痛 股関節痛があり長時間歩行に不安があるのに、十二湖の青池とブナの自然林が見たくて1時間トレッキングコースを申し込みました。

十二湖1時間トレッキングコースは整備され、晴天が続きぬかるみもありませんでしたが、
ブナの自然林から下り道や緩やかな階段に杖は重宝しました。


d0341582_08210573.jpg


母の家を整理した時に使っていなかった杖2本を持って帰っていました。
そのうち1本は、コンパクトに収納でき、トレッキングに持っていけそうな杖があったので持っていきました。

分解すれば38㎝  短く収納すれば52㎝ 機内持ち込みのスーツケースにも入ります。
衝撃吸収機能も付いていました。


最近、ウォーキングポールで歩かれている方を見かけます。 
ハイキングにあると便利な杖でした。 杖があると安心な身体になりつつあります。


高齢者とひとくくりにされる年代になり膝に不安があります。
足の少し悪い友人、出先で突然歩けなくなりご主人に連れて帰ってもらったとか。
1年半前、福井県の丸岡城の入り口階段を見て思わず立ち止まりました。手すりがありません。
「大丈夫かな」とお城を見上げました。 
どうにか上がる事が出来ましたが、相当怖い思いで階段を下りました。
この時に加齢によりできないことが多くなっていてちょっとショックでした。
その時は杖なんて思い浮かびませんでしたが、ちょっと杖があったら安心だったと思います。



まだ梅雨入りしていません。 今日も晴れ最高気温 31℃の予報です。
朝のテレビで 近畿地方の一番遅い梅雨入りは 6月25日  
一番遅い梅雨明けは 8月3日  この時は、梅の土用干しが出来ず8月末に梅を干していました。 
お天気が続くのも良いけれど水不足が心配な今日この頃です。


by sakura81-26 | 2019-06-20 08:31 | 日々のこと | Comments(2)
旅行三日目
十二湖1時間トレッキング 十二湖駅 → 五能線 → 弘前 弘前観光 → 大鰐温泉宿泊


不老ふ死温泉宿泊 宿泊プランにあった十二湖1時間トレッキングに参加します。
チェックアウトして 8時ロビー集合 ホテルのバスで十二湖へ向かいます。

森の物産館 → 鶏頭場の池 → 青池  ブナ林  沸壺の池  十二湖庵
娘と二人にガイドさんが付いての散策です。


十二湖 白神山地の日本海側 標高150mの起伏の多い台地 約4㎞にわたって点在する、33湖沼群の総称。 
大崩れ展望地から見下ろすと12の池が見えるので十二湖と呼ばれています。

d0341582_11013139.jpg


鶏頭の池から青池へ向かいます。

d0341582_11410208.jpg



十二湖の代名詞と言われる「青池」は、神秘的な青い色をしています。
時間帯や太陽の光、見る角度により色が変わります。
水温10度ぐらい(byガイドさん)の水温が保たれているので、水中に朽ちたブナの木腐ることがなく同じ状態横たわっているのだそうです。 

d0341582_11020596.jpg


金山の池方面に少し上ると 青い池の隠れ写真スポットがあります。

d0341582_11021496.jpg


500m続く ブナ自然林  新緑がきれいで空気が美味しい。

d0341582_11352571.jpg


モミジイチゴ      オオハナウド
d0341582_11111066.jpg
ヒメアオキ        ヒダの群生

ガイドさんに花の名前を教えてもらいながら 歩きます。
ゴールデンウイーク前に訪れると残雪の中にカタクリの花などがみられておすすめだそうです。


青い色の沸壺の池 

d0341582_11023642.jpg



 
1時間の散歩後は、抹茶の接待(代金は志) 
横に流れるミニ奥入瀬のような地形を流れる水は大変美味しいです。

d0341582_11113077.jpg
d0341582_11170986.png


トレッキング後は、十二湖駅へ送ってもらい五能線「リゾートしらかみ」で弘前に戻ります。

十二湖駅名物 青池ソフト

d0341582_11040150.jpg



五能線 深浦付近の海岸線がきれいです。電車が徐行運転され車内アナウンスで説明があります。
d0341582_11492564.jpg


d0341582_11553565.jpg

千畳敷海岸は、通過 

車内で津軽三味線の演奏があり、車内に津軽三味線の演奏が流れます。
予約した席は、イベントスペースのある車両 空いていたので前の席に移動しっかり生演奏を聴く事が出来ました。いい思い出です。

d0341582_11562627.jpg

青池編成の「リゾ-トしらかみ」のイベントスペースは3号車にあります。
橅 くまげら編成のイベントスペース  下り1号車・上り4号車
当日のイベントは、五能線のHPで確認
日本海の絶景が見える席はAです。

車内販売がなくなっているので お弁当飲料は駅で購入持ち込みました。


十二湖駅10:26 → 弘前駅12:48  
日本海の海岸線ぎりぎりを走行、日本海の絶景を見ながら 2時間29分の「リゾートしらかみ」快適な旅でした。


弘前市内を観光して早めにホテルに向かいます。


by sakura81-26 | 2019-06-19 12:32 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
二日目  函館本線・大沼公園駅 12時17分発 → 北海道新幹線・新函館北斗駅へ

d0341582_21593474.jpg


北海道新幹線 新函館北斗 → 新青森 → 五能線「リゾートしらかみ」乗車

今日乗る「リゾートしらかみ4号」は青池編成です。日本海窓側は、Aです。
d0341582_21595423.jpg

五能線 弘前 → 川部駅間  スイッチバックで往復します。

黒岩市付近は、リンゴ畑の中を走行 
鯵ヶ沢から雄大な日本海の絶景を見ながら走る「リゾートしらかみ」の旅2時間55分です。  


津軽富士・岩木山(1625m)を見ながら一路日本海へ向けて
d0341582_21592541.jpg


ずいぶん久しぶりに電車で駅弁食べました。
新幹線・新函館北斗駅の乗り換え時間 駅改札外の駅弁カフェで購入した駅弁は、
「こぼれいくらとろサーモン」  いくら堪能できるお弁当です。 
とても食べ応えがあり美味しいのですが、減塩とは全く縁遠い 💦 

d0341582_23071481.jpg


千畳敷海岸で15分停車 千畳敷海岸に見学 

千畳敷海岸  1972年(寛政4年)の地震により隆起してできた岩床の海岸
その昔、殿様が戦場の畳を敷き酒宴を催したといわれる岩棚が後代に続いています。by青森観光情報

d0341582_22281742.jpg

d0341582_22303897.jpg
カモメが羽休め こちらのカモメ大きいです。

平成5年に建立された太宰治 小説「津軽」碑
d0341582_21571522.jpg


深浦駅付近は、きれいな海岸線が続き速度を落としゆっくりと走行します。

五能線の中でも一番きれいな海岸線
d0341582_21573157.jpg


電車の窓ガラスが、UVカットのグリーンのガラス? 
日が差すと写真がグリーンかかった色になります。無修正でUP


新青森13:58 ~16:53 ウェスパ椿山着  北海道・大沼公園駅から 4時間35分かかりました。 
ウェスパ椿山でホテルの送迎バスで 黄金崎不老ふ死温泉へ

秘湯 黄金崎不老ふ死温泉 
「リゾートしらかみ」乗車でへき地だけれどきれいな海岸線を見ながら快適にたどり着く事が出来ました。

不老ふ死温泉

d0341582_21574374.jpg

ナトリウム 塩化物泉 鉄分が酸化してこい茶褐色
浴槽の周りには茶色の湯の花が付いています。

      Furofushi-spa.jpg Wikipediaから画像お借りしました。

こちらは混浴、隣に女性用の浴槽があります。 📷持ち込み禁止


一度大浴場に行き、体を洗った後に露天風呂に行きました。18:18
夕日を見ながら絶景の入浴、遠路はるばる来たかいがありました。

d0341582_21580494.jpg


部屋から夕陽が見えます。
19:11 快晴で夕日を楽しみにしていたのですが日が落ちるころ水平線に雲が現れました。

d0341582_21584168.jpg

夜 星空を見るのも楽しみ 
ホテルの玄関近くに寝転んで星を見る事が出来る星空デッキがあります。
iphoneのアプリを入れ星座観察楽しみにしていましたが、
快晴  月(月齢8,7)が明るすぎてちょっと星が見ずらい状態。 残念です。


  夕日を見てからの夕食時間は19:30~にお願いしました。

アワビの踊り焼きのコース
d0341582_21585217.jpg

d0341582_22461693.jpg

柔らかく大きなアワビの踊り焼きでした。 サザエ特大 こんな大きなサザエ初めてです。
昼間、駅弁でイクラをたっぷり食べてもう食べられない・・
味見と一口食べたらとてもおいしいイクラ完食です。

海の幸とってもおいしくいただきました。 ごちそうさまでした。



ブロ友さんが行かれて印象的だった 五能線 不老ふ死温泉 
こんなに遠くまで行く事はできないな~とブログ拝見していました。  
娘が行ってみようというので訪れてみました。 日本海の景色もきれいでとてもいいところです。  
五能線に乗ってみて人気があるのがわかります。絶景です。  しかし遠い。 
ツアー参加じゃなくて、個人旅行で来る事が出来て良かった旅行です。


旅行3日目は、 朝から十二湖 1時間トレッキングコース参加 
十二湖駅から再び「リゾート。しらかみ」に乗って弘前に戻り、弘前観光の予定を立てました。

朝食後 不老ふ死温泉を訪れた方がUPしている写真を撮っていないことに気が付きました。
日帰り入浴の入り口近くにあります。

d0341582_11011181.jpg

風力発電の手前に星空デッキがあります。



d0341582_12001025.jpg



by sakura81-26 | 2019-06-17 00:05 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(4)

「今日も元気で1日が過ごせますように」 日々の記録


by みいうみ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31