<   2018年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

世界遺産と中世の街並みを楽しむ旅もいよいよ最終日 14時まで自由行動の日
朝からトラムに乗って世界遺産「ベルヴェデーレ宮殿」へ
今回の旅の目的の一つは、クリムトの接吻 Der Kuss)を見る事でとても楽しみにしていました。

d0341582_20034105.jpg


ベルヴェデーレ宮殿
ふたつの本館の歴史的な庭園によって構成されるバロック式宮殿
18世紀初頭有名な建築家 ヨーハン・ルーカス・フォン・ビルデブラントによって
オーストリア帝国郡総司令官プリンツ・フォン・ザヴォイエンの夏の離宮として建築されました。
世界で最も美しいバロック建築としてユネスコ世界遺産に登録されています。by パンフレット

ベルヴェデーレ宮殿 正面
d0341582_20013719.jpg

トラムの駅から歩くとベルヴェデーレ宮殿の右横の入口でした。 
青空に宮殿が浮かび上がりとてもきれいで正面と間違えました。
d0341582_19594593.jpg

上宮は最も重要なコレクションを展示
下宮はもともとフォン・ザヴォイエンの居城であったが入れ替わりがある作品展示スペース。

オーストリアギャラリー(ベルヴェデーレ宮殿)にはクリムトの作品が多く展示されています。
接吻 Der Kuss)
180×180㎝ 大きな作品です。街中で見かける接吻の作品から創造しがたい大きさで迫力です。
クリムトと恋人エミリーエ・フレンゲをモデルとした1907~1908年に書かれた金箔を使った作品

d0341582_20455332.jpg

来年東京で開かれる「クリムト展」で展示される「ユディトⅠ《Judith》
Wikipediaのクリムトで検索すると画像が出てきますが、どのような大きさかわかりません。
大きい作品かと思っていましたが、以外に小さい作品。
「ユディト」とは「ユダヤの女」の意味
旧約聖書「ユディト」に出て来るユダヤで語られる英雄的女性
将軍ホロフェルネスの首を切った未亡人ユディトを描いた1901年の作品

d0341582_20010519.jpg

沢山のクリムトの作品を見る事が出来ました。 

d0341582_20005007.jpg

時折、ツアー団体が有名な絵の前で説明を受け、また次の有名な絵画に移動しますが
美術館自体は結構空いていてゆっくり色々な絵画を楽しむ事が出来ました。


部屋の窓から見る庭園がきれいです。 左遠くにシュテファン寺院の塔が見えます。

d0341582_20012094.jpg

ベルヴェデーレ宮殿を見学後、正面玄関から出てトラムでオペラ座前まで戻り
今日は、デーメルでザッハートルテを食べて軽くランチ、スーパーで配り土産を買います。


デーメル 
昔はハルスブルグ家のベーカリー フランツ・ヨーゼフ1世と王妃シシイももここに通い店内には皇帝の間も残されている老舗
ショーウィンドーのディスプレーが可愛いです。

d0341582_20023896.jpg

d0341582_20022727.jpg

ザッハートルテ  三角のチョコレートが乗っています。ホイップクリームは別注らしいです。

d0341582_20014513.jpg

ガイドさんがウィーンの方はアップルパイの方が好きだと言われたので食べてみました。昔懐かしい味

d0341582_20015881.jpg

昼ごはん ハムとマカロニのグラタン?上のチーズが美味しかったのですが完食できず。

d0341582_20021950.jpg


ケルントナー通りで買い物をしてホテルに戻りました。 14時集合

17時50分 ウィーン発 オーストリア航空で成田へ 成田は季節外れの暑さで夏でした。


中世の街並みと世界遺産、一度見てみたかったクリムトの絵画などを楽しんで6泊8日の中欧4か国のツアー参加は楽しくあっという間に終わりました。
慣れない海外旅行体力が要ります。元気なうちにまた行く機会がありますように。


長々とした旅行記読んでいただきありがとうございました。



[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-30 21:06 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(4)

今日の散歩 10月29日

朝の気温が下がり冷え込むようになりふうの街路樹が一気に色づきました。
公園の山茶花が咲き始め、我が家のつわぶきが満開になりました。

フウ(楓 別名 イガカエデ(伊賀楓)、カモカエデ(賀茂楓))の紅葉がきれいになりました。
台風で木全体が傷んでいるのでしょうか? 黄葉も多く落下しています。

d0341582_20311067.jpg

d0341582_20303370.jpg
10月28日撮影 朝の陽ざしのフウの木 空の色に映えています。


昨年の記事 台風でフウの木がとっても気の毒な姿になりました。


山茶花が開花し始めました。

d0341582_20312420.jpg


我が家のつわぶき満開です。

d0341582_20313646.jpg



31日から朝の気温が一桁 朝晩一気に寒くなりそうです。

近郊は、の産地   
昨日、地元の柿を食べましたが、甘さが不足気味でした。霜がおり始めると甘みが増します。

d0341582_20305591.jpg



[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-29 20:47 | 今日の散歩 | Comments(0)

南座お練りを見た後は、建仁寺で行われている人形展へ

建仁寺 
臨済宗建仁寺派の大本山で、建仁2年に開創しました。開山は栄西禅師、開基は源頼家。

潮音庭 大書院、小書院に挟まれた枯山水の庭
モミジの色づきはまだです。この庭の紅葉は綺麗なのでお勧め

d0341582_08042621.jpg



〇△□の庭 (まるさんかくしかくのにわ)

d0341582_08040153.jpg


法堂 天井画 畳108畳もある大きな 小泉淳作画伯の「双龍図」

d0341582_08050664.jpg


国宝 俵屋宗達の「風神雷神」の高精細複製図屏風が展示されていますが
金澤祥子さん書 「風神雷神」屏風 

d0341582_08041493.jpg


d0341582_08052104.jpg


11月は、金澤祥子書品展があります。
以前伺ったときは大きな屏風の作品が多く画風?に圧倒されました。
また行ってみたいと思います。





今日、建仁寺に伺ったのはこちらの人形展

d0341582_08035070.jpg

8年前高台寺で催された人形展を見て 今年は建仁寺で開催されていると聞いたので行ってきました。
服は貴重な江戸ちりめんを上品な色遣いで、飾りは骨董のかんざしなどを使われ、
上品なお顔の素晴らしい人形たちでした。


16:08  南座お練りで通行止めだった四条通の通行止めが間もなく解除されます。
祇園祭の歩行者天国以外通行止めにされることのない四条通り 珍しい風景です。

d0341582_08120662.jpg

d0341582_08122766.jpg

四条河原町の高島屋1階店内のディスプレー

d0341582_08124075.jpg
冬の風物詩 顔見世興行 今年は11月から始まります。


 

[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-28 08:25 | 京都 四季散歩 | Comments(4)

京都南座 お練り


南座発祥400年 耐震工事を終えた南座が11月1日開場するのを記念して
10月27日 14:30分~四条通りを通行止めにして行われた「南座新開場祇園お練り」を
見に行ってきました。

南座~八坂神社前大和大路手前まで
京都府知事 京都市長を先頭に 関係者 舞妓さん10名 歌舞伎役者約70名の豪華なお練りです。

d0341582_20094160.jpg

時蔵さんを先頭に
d0341582_20094971.jpg

d0341582_20100529.jpg

d0341582_20575736.jpg

d0341582_20102376.jpg

d0341582_20532542.jpg

d0341582_20104761.jpg

d0341582_20105816.jpg

d0341582_20111215.jpg

最後は、垂れ幕でお練りが終わりました。

13時15分過ぎから並んだので椅子席2列目でとてもよく見えました。



12時45分ぐらいに南座の前に行くとすごい人です。
楽屋入り口を見ると「入り待ち」をされている人だかりがあったので参加してきました。
仁左衛門さん 玉三郎さん 海老蔵さんなど豪華な楽屋入りです。

d0341582_20362409.jpg


新しく耐震補強故事が終われリニューアルされた南座

d0341582_20092450.jpg

d0341582_20204880.jpg

d0341582_20210295.jpg
逆光写真失敗


当初建仁寺に行ってからお練りを見ようと思いましたがあまりにも凄い人出で入り待ち終了後、
人の列に並びいい場所で見る事が出来ました。

こんな豪華な催しはめったに見られないからと頑張っていってきました。

この後建仁寺に行ってきました。




[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-27 21:17 | 京都 四季散歩 | Comments(2)
ツアー6日目 午後は、昼食後2時ごろから自由行動 各自ホテルに戻ります。
自由時間 オペラハウスの見学予定 舞台の裏側がが見学できるので楽しみです。

シュテファン大聖堂 モザイク屋根が美しいゴシック様式の教会

d0341582_21101190.jpg

d0341582_21095567.jpg

18:16 西日を浴び金色に輝いていました。


ウィーン国立歌劇場ウイーンオペラ座)
ウィーンオペラ座見学は、バックヤード見学、舞台の裏が見学する事が出来ます。 
日本語ツアーがあります。当日の日本語ツアーの時間が把握できず直接オペラ座に確認に行きました。
オペラ座の横の入口に 当日の各国語のツアー時間が張り出されています。
日本語ツアーは15時30分~  9€ シニア料金7€

1869年に完成したオペラ座は、第二次世界大戦 1945年3月連合軍の爆撃で舞台が爆撃、建物が火災に見舞われ、ロビーと正面階段、喫茶室が消失をのがれたが、120作のオペラ舞台装置と大小道具のほぼすべて 15万着の衣装が失われた。by Wikipedia

敬語を上手に使われる日本語のとても上手な素敵なガイドさんです。
ロビーなどの見学説明後、客席で説明を聞きます。 今夜の舞台が次第に出来上がっていきます。

d0341582_20252154.jpg

d0341582_21105768.jpg

             後方客席の下 座席のように見えるのは 立見席 
             長いオペラ中立っているのは大変ですが、前に字幕モニターもついています。


バックヤード 今制作中の舞台裏 大道具が並んでいます。 今夜の舞台の準備中。

d0341582_09434331.jpg


d0341582_18031250.jpg

d0341582_09405941.jpg


オペラ座見学後は、街中散策 

d0341582_21102689.jpg

ケルントナー通り散策
ヴィトンでへ大人のお使い お使いのおかげで思い切って長財布を買ってきました。

遅めのお茶   ザッハートルテ
フランツ・ザッハーさんが考案したザッハートルテ
フランツさんの息子が開いたホテル・ザッハーのカフェで頂きます。
濃厚なケーキですが、生クリームが付いていることにより思ったよりあっさり美味です。
一度食べたかったほんまもんのザッハートルテ 食べられました。💕

d0341582_21203415.jpg


夜ごはん 
旅行最後の夜 ターフェルシュピッツ(ウィーン伝統料理 牛肉の煮込み)を食べてみました。

d0341582_17492386.jpg
d0341582_21213434.jpg

寒いのにオープンカフェの席。 満席。  体が温まります。

夕食後、トラムに乗ってホテルに戻りました。

ツアー6日目 14時まで自由時間です。ベルヴェデーレ宮殿へクリムトを見に行きます。


WOMAN DAY
ショップの店員さんによると、1年に一度の催し ケルントナー通りの地元商店は、20%OFF 
スワロのお店も20%OFF とっても幸せなお買い物でが出来ました。

d0341582_20483061.jpg

オペラ座 チケット販売時間まで時間が30分以上あります。その辺をうろうろしようかと思った時、オペラ座の横で行列ができ大きな紙袋(写真 右手の紙袋)が配られています。
貰われた方が、中身を確認しているのを見ると何か立派な入れ物が・・・。
中身はわかりませんが、2~30人並んでもらってきました。中を見てビックリ(@_@)

d0341582_20475979.jpg

紙袋の中に 普通サイズのリュック・粗品色々・パンフレット etc・・・これだけ持って帰ってきました。





[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-25 09:51 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
10月4日 ツアー6日目 
世界遺産 ウィーン メインは、シェーンブルン宮殿、美術史美術館 見学
オペラ座や市庁舎は外観を見るだけです。  昼食後、自由時間 各自ホテルヘ帰ります。

中欧旅行中世の街並みが残る世界遺産の街を旅行してきました。
ハンガリー、プラチスラバ、ウィーンとマリーアントワネットの母・マリア・テレジアの足跡をたどる旅です。

シェーンブルン宮殿 ハプスブルグ家 夏の離宮
外観は、バロック様式  内部はロココ様式 1400室あり 現在その一部40室が公開。
宮殿外観の黄褐色は、マリア・テレジア・イエローと呼ばれています。

17世紀末、皇帝レオポルト一世の命で、建築家フィッシャー・フォン・エルラッハにバロック様式の狩猟の館に改築
18世紀の半ばに、女帝マリア・テレジアの指示で建築家ニコラウス・パッカシが拡張・改装を行ない現在の姿となった。
建築家ニコラウス・パッカシを調べてもどのような人物で、どのような作品を残しているのか検索不可。

シェーンブルン宮殿の3,4階は、賃貸住宅というのも驚きです。
ウィーン観光のメイン観光地 凄い人です。 室内は📷禁止。

d0341582_23053193.jpg

d0341582_23054754.jpg

フランス庭園を挟んで宮殿の向こうの丘にはグロリエッテという対プロイセン戦の勝利者と戦没者の慰霊のために建てたギリシャ建築の記念碑が見えます。
豪華な夏の離宮です。 プスブルグ家の普段の住まわれていた宮殿が気になります。


庭で面白いものを見つけました。剪定用の移動式台 
この台なら高い木々の選定も大丈夫でしょう。二人の庭師が作業中。

d0341582_23060295.jpg


街中に戻り ハプスブルグ家が誇る美の殿堂 「美術史美術館」見学
マリア・テレジアの像を挟み左右に同じ建物が建っています。 
美術史美術館から見た自然史博物館 マリアテレジアの左手あるのが自然史美術館 

d0341582_23062175.jpg

中に入ると建物の内装の豪華さに圧倒されます。
吹き抜けのホール 1階は世界一豪華なカフェ 

d0341582_23072889.jpg
二階に上がる事が出来 カフェ全景が見えます。
d0341582_08341898.jpg


各部屋の壁の色が違い 明るい部屋で絵画を見る事が出来る美術館です。

d0341582_23063634.jpg

ツアーなので ツアーガイドさんが有名な絵だけピックアップして説明があります。
フラッシュをたかなけらば📷OKです。

フェルメール「絵画芸術」

d0341582_23065336.jpg

ベラレケス「青いドレスのマルガリータ王女」は、残念ながら見ることは出来ず ⤵
飛ばしたのか展示されていなかったのか不明

「宮中盛装姿のマリ・アントワネット」 

d0341582_08340179.jpg

カラヴァッジョ「ロザリオの聖母」

d0341582_08334623.jpg

raffael  「草原の聖母」 幼子イエスと洗礼者ヨハネとともにいる聖母

d0341582_23071079.jpg


「フリューゲルの特別展」を開催中 
ツアーの時間ではフリューゲル「バベルの塔」と作品群を見る事が出来ませんでした。
ツアー、自由時間があるツアーを選んだのですが、ここに戻ってくる時間的ゆとりがなく、
またゆっくりと訪れたい美術史美術館でした。


昼食に行く前に よるコンサートに行きたいと言われていた方いて
こちらの教会のコンサートがお勧めだとアンナ教会(Annakirche)へコンサートの確認予約へ
ケルントナー通りから横道を入ったところにある小さな教会ですが、とても重厚な作りな教会です。

d0341582_08343644.jpg

d0341582_08350072.jpg

ウィーンの建物にある紅白の4本の旗 この建物は文化財という目印
プレートに建物の詳細が記載されています。

d0341582_08344946.jpg


昼食は 、ウィンナー・シュニッツェル でした。
仔牛肉を肉たたきで薄く伸ばした牛肉のカツレツ 蒸かしたポテト添え

d0341582_09120548.jpg




昼食後解散です。
ウイーンオペラ座の日本語ツアーと街歩き 買い物を予定しています。



中欧旅行ブログ中々終わりません。 お読みいただいてありがとうございます。


[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-25 09:33 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(4)
一度行ってみたかった小江戸情緒を残した大正ロマンの街「時の鐘」のある川越へ

東武東上線 川越の駅を降りるとすごい人です。 
改札口横の観光案内書に行くと「今日と明日は、川越まつりでたくさんの方で賑わいます。」とパンフレットを頂きました。

川越まつり 
川越氷川神社の祭礼 ユネスコ世界遺産「山・鉾・屋台行事」に登録されている
山車は、せいご(台座)の上に二重鉾を組み、鉾の上に歴史上の人物や民話に出て来る人形がせりあがってきます。
山車の上ではお囃子とともにお多福・狐・ひょっとこなどの面を被った人が実に巧みな踊りをしています。
今年は19の山車が参加して執り行われます。

「時の鐘」の横を曳かれる 川越市の猩猩の山車 上の人形が山車の中にしまわれていきます。

d0341582_19455832.jpg

d0341582_20132435.jpg


松江町二丁目 浦嶋の山車 (県指定有形民俗文化財)

d0341582_19461430.jpg

山車の側面には、鯛や蛸などの透かし彫りが施されています。
 
d0341582_19461619.jpg


13時から氷川神社で行われる神幸祭を見学、
氷川神社を出御する行列の順番で担当役職が読み上げられます。

d0341582_19463475.jpg

行列は約1時間、 川越城に見立てた川越市役所まで街中を巡行します。

d0341582_19465015.jpg

d0341582_19471721.jpg

d0341582_19473123.jpg

行列の最後は、宮下町の日本武尊の山車(川越市登録 歴史文化伝承山車)です。



14時から市役所前で山車揃いを見学

氷川神社の行列が市役所到着後、5基の山車が順次市役所前に集結 
川越市役所の猩猩の山車の計6基山車が並びます。壮観。

d0341582_19475236.jpg

市役所前の山車揃いを見た後、帰路に。⤵
夜19時から行われる「曳かわっせ」がメインだそうですが、
残念ながらこれを見ると最終の新幹線に間に合わないのであきらめました。

大正ロマン夢通りや蔵造りの街並みは、お祭り一色すごい人で見学どころではなかったので、
またゆっくり訪れる機会があればいいな~と思います。


ランチ 
いちのや うな重 肝吸い 漬物付き

d0341582_20322775.jpg
川越は、老舗の鰻屋さんが多いという事なのでうな重を食べてみました。
醤油味でさっぱり柔らかい鰻でした。
年々ウナギの厚みが無く小さくなっていきます。ウナギ不漁でしょうがないですね。


19日は、姫路駅の人身事故で夕方新幹線が止まっていたこともあり、早めに帰路につきました。

19日から👨が2泊3日で香川に友人と⛳旅行中。
3日も不在 めったにこんなことはない。行くなら今でしょう。
1泊2日ちょっと東京へ行ってきました。まだまだフットワークは良いが疲れました。

19日 16805歩  20日 18004歩


[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-22 07:29 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(4)

東京 フェルメール展へ

19日 東京上野の森美術館で開催されているフェルメール展へ行ってきました。

d0341582_09144290.jpg

フェルメールは生涯 35作品。 内8作品が一堂に見られます。
今回は「赤い帽子の娘」(12月20日まで)と「ワイングラス」が日本初公開 
1月9日からは「取り持ち女」(日本初公開)されるようです。

大阪市立美術館で初めてフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」見た時からフェルメールのファン
フェルメールの作品は全体に小さい作品ですが、光の印影が実に丁寧に書かれています。
来年は大阪でもフェルメール展が行われます。・・・先日ウィーン 美術史美術館でフェルメールを見てちょっとたくさんの作品がみたくなり東京まで行ってきました。

チケットは、日時指定予約制 2500円 テレフォンガイド付き
前日に19日11:00~12:30のチケットをインターネット予約、セブンイレブンでチケットを購入。
2500円ちょっと高いと思いますが、入場に並ばなくていいので良しでしょうか。
チケットは、当日窓口でも購入できるようです。


上野に着いたのは、10時過ぎ、フェルメール展の前に国立博物館

特別展 「京都大報恩寺 快慶 定慶のみほとけ」
大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示いたします。by 博物館HP 
年末に大根焚きに行く千本釈迦堂「大報恩寺」の仏像です。 
素晴らしい仏像が東京でまじかに見る事が出来ました。仏像の裏も見ることが出来ます。

d0341582_09110903.jpg

特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」

京都御所 飛香舎(藤壺)の調度品  この展示をメインで見学に行きました。
安政度内裏(京都御所)の飛香舎で用いられた調度を紹介します。飛香舎は平安時代の内裏の後宮十二殿舎のひとつで、別名を藤壺ともいい、『源氏物語』などの古典にも名高いものです。by 博物館HP

d0341582_09114389.jpg


ちょっと失敗 博物館を1時間30分で見ようなんて馬鹿な行動でした。
今日は1日 博物館と美術館で過ごそうと思ったのですが、暗い照明の中たくさんの人で疲れました。


ランチ後、浅草浅草寺へ 外国のお客様の多い事
総門「雷門」と書かれている赤い大提灯の裏は、何が書かれているのか?以前からとても興味があり見に行ってきました。
奉納された日 と門の名前が書いていました。
以前提灯の取り換え時 テレビで特集をしていてこの提灯はパナソニックが奉納です。

d0341582_09115335.jpg


本堂にお参りするとスカイツリーが見えます。

d0341582_09120139.jpg


無計画の良い所 二天門から出て墨田川へ 墨田川越しにドーンとスカイツリーが見えました。


d0341582_09121505.jpg

5年前にスカイツリーに行ったので 15時過ぎにある水上バスでお台場までいけるようなので、墨田川クルーズをすることにしました。 墨田川クルーズ 15年ぶりです。 隅田川から見る東京の景色ずいぶん変わりました。

隅田川に架かる13の橋の下を通ります。 勝鬨橋(かちどきばし)今は動かされていませんが、稼働橋 

d0341582_09122788.jpg

約1時間の墨田川クルーズ レインボーブリッジの下を通り お台場に着きました。
次回は、夜のクルーズに乗ってみたいと思います。

d0341582_09141261.jpg

ここから宿泊先の御茶ノ水までどうして帰るのだろう。
スマホの乗換案内 検索  約1時間 無事ホテルに着きました。


ランチ
上野精養軒3153店でオムライスハヤシソース 
卵は半熟ではないのですが、柔らかい仕上がり、あっさりとしたハヤシソースで美味です。

d0341582_10293536.jpg


久しぶりの東京 フェルメール展だけ計画を立て一人で行ってきました。
以前は”東京ブックマーク”で行っていたのですが、新幹線も列車指定でいくら計算しても価格が高くなっています。
新幹線は、当日指定席が取れるチケットショップの割引券を購入。
ホテルは、楽天トラベルでJR駅から近いシティホテル格安素泊まりプランです。
駅近い・シモンズベッドでちょっとしたビジネスホテルより部屋も広く安かったです。



[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-21 11:13 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
8月31日 転倒股関節骨折 9月1日 人口股関節置換手術
リハビリも順調 車椅子生活になりましたが、10月13日無事退院する事が出来、元のグループホームに戻る事が出来ました。

認知症は進んでいるようです。
娘と認識していますが、どれだけ理解しているのか不明。
病室で看護師さんやスタッフさんから「娘さん・・・・」と言われ 
皆さんから娘さんと言われるよく見る人 = 娘??かもです。
👨や孫の事は、認識できません。
息子も「孫によく似た人」から一段落ち、「知らない人」になりました。
毎日顔を見せて「孫の〇〇」と母にインプットさせれば孫に昇格できるかもしれません。(*^-^*)

認知症になり、自立志向の母は、出来ないことが多くなり混乱をきたして精神的に追い詰められていましたが、認知が進み自主的に何かをしようとすることが無くなり、穏やかになっています。 

手術前との変化
押し車自立歩行  →  車椅子生活
            指示を出せば車いすも自分で動かす事が出来るようになっています。
トイレ自立    →  トイレ誘導
            ほぼ失禁はないようですが、リハビリパンツ 
            立位は出来、リハビリパンツも上げる事が出来る。
食事 7分かゆ 刻みとろみ食になりました。食事量70%~ 時により100%摂食もあるそうです。
睡眠       →  夜間ぐっすり眠るようになった。


安定した病院生活から、グループホームに戻り環境の変化にどのように対応できるかわかりませんが、
1日でも早く落ち着いた生活が出来る事を願うばかりです。


d0341582_17263239.jpg
酔芙蓉



手術後、麻酔の混乱が長らく続き、食事誤嚥絶食となり、体重は34㎏になりました。
7月26日の健康診断表を見ると38㎏ 「るいそう」と書かれています。
るいそう(羸痩) 脂肪組織が病的に減少した症候をいう。いわゆる(痩せ)の程度が著しい状態
食べても もう太れなくなっています。
持っている服がすべて大きく、退院に際しsサイズの服を探しに行きました。
ショッピングセンターで2件洋服屋さんに行きましたがMサイズしかなく服が大きすぎます。
デパートのワコール らくラクパートナーというショップにSサイズの服がありとりあえず上着1着購入しました。Sサイズでも大きいくらいでした。


母が入院中 申し込んでいた旅行に出かけました。
5月の末に申し込んでいた旅行、母が転倒し手術した日にはもうキャンセル料(15日前までのキャンセル料 5万円)が発生しており二年前の悪夢がよみがえり、そのまま放置していました。
年前、旅行3日前の土曜日朝に元気はつらつだった父が発熱、土日病院休みの事を考え病院を受診したところ、肺に膿がたまり「余命あと1か月」と出てしまい、旅行3日前ドタキャンとなってしまいました。
旅行に行けるか最終決断は、旅行3日前(キャンセル料20%)までです。
「今回の旅行また行けなくなりそう」と介護職だった友人や知人に話したら
「母は、内科でなく整形外科入院中で病状が安定して、認知症で騒いでいなければ病院ほど安全なところはない。今が一番旅行に行きやすい」と旅行に行く事を勧めてくれました。ありがたい後押しで旅行に出かけました。
主人と息子夫婦に後を頼んで出かけました。面会に行っても認識されず可愛そうでしたが・・・。
こういう時、兄弟がいないということはとても不便です。
旅行中、母も病状に変わりなく、台風も心配されましたが被害もなく一安心です。
帰って来て病院に行ったら誰だという顔をして、きょとんとしていました。やっぱり忘れていました。💦
毎日病院に通うと娘だと認識しています。年齢を99歳だという母です。





[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-14 08:06 | 両親の事  | Comments(2)

チェコで最も美しい世界遺産の街 チェスキークルムロフ へ

プラハからバスで約3時間 
ヴルタヴァー川が大きく迂回する高台にあるチェスキークルムロフの街

13世紀南ボヘミアの貴族ヴィートコフ家の分家によって城が築かれたのが町の始まり。
通りにはルネッサンス様式の住宅が立ち並びます。  1992年世界遺産登録

d0341582_13245291.jpg


d0341582_13252929.jpg


チェスキークルムロフ城 ツアーでは時間が無く外観のみ
13世紀ヴィートコフ家の分家 領主クルムロフの居城として建設し各時代の所有者によって増築が重ねられゴシック・ルネッサンス・バロック様式が入り混じる内外装で5つの庭があります。
塔のある建物が一番古い建物

d0341582_13250787.jpg

d0341582_13413868.jpg


壁は、凹凸があるように見えますが、だまし絵 
ペイントで凹凸感が出されています。だまし絵で模様付けられている建物が多い。

d0341582_13254079.jpg

イベントがあったようです。中世の衣装の方も歩いています。

d0341582_13420290.jpg


聖ヴィート教会
1400年ころに建設されたローマカトリック教会

d0341582_13243772.jpg

スクエアで撮影してみました。 まるで絵にかいたような景色です。


d0341582_13255203.jpg

町全体が中世の面影を色濃く残しています。 
街の中を散策すると中世の街並みがそのまま残り、どこから写真をとってもチェコで一番美しい街でした。



広場近くのレストランでマス料理の昼食後 🚌移動約4,5時間オーストリアの首都ウィーンに移動します。


昼ごはん  マス料理 

d0341582_14062429.jpg


ツアー中盤疲れが出てきました。
マス自体は好きなのですが少し魚の匂いがして、ポテトも冷めていたので食欲がなく、ツアー食事撃沈
疲れているときは、食べ慣れない脂っこい食事はお休みします。
「モッタイナイ」と食べてしまうと食べ慣れない脂っこい食事で体調を崩すので、
ツアー中の食事は「モッタイナイ」封印 💦
ホテルの朝食の食べられるもので食事コントロールして健康を維持します。(*^-^*) 


夜ごはん
オーストリア伝統的 居酒屋 「ホイリゲ」 バッハ・ヘンゲル
ホイリゲ(Heuriger)ドイツ語 heuer(今年の)から、本来は der heurige Wine 新酒
ブドウ栽培農家がワイナリーの横で自家製ワインを販売したり提供する簡易食堂の事もホイリゲと呼ばれるようになった。

有名な方の写真も沢山ある有名なホイリゲでした。

d0341582_14061087.jpg

夜で画像では見えにくいのですが、旗の左側に松の枝での束が吊るされ「営業中」目印だそうです。
伝統のホイリゲではウィーン産のワインがだけが提供されます。

d0341582_14054407.jpg
 
ピクルス風サラダ ジャガイモ ソーセージ 鶏ロースト が人数分大盛りで出てきます。
グラスワイン1杯付  デザートはアイスクリーム

こういう料理は食べられます。 
追加でワインを注文すると小さなジョッキ風の入れ物で出てきました。赤ワインのほうが美味しい。


ツアー6日目、午前はウィーン市内観光 午後は 自由時間です。


[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-13 07:05 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(4)

「今日も元気で1日が過ごせたことに感謝」 日々の記録


by みいうみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31