カテゴリ:春夏秋冬 お出かけ( 73 )


チェコで最も美しい世界遺産の街 チェスキークルムロフ へ

プラハからバスで約3時間 
ヴルタヴァー川が大きく迂回する高台にあるチェスキークルムロフの街

13世紀南ボヘミアの貴族ヴィートコフ家の分家によって城が築かれたのが町の始まり。
通りにはルネッサンス様式の住宅が立ち並びます。  1992年世界遺産登録

d0341582_13245291.jpg


d0341582_13252929.jpg


チェスキークルムロフ城 ツアーでは時間が無く外観のみ
13世紀ヴィートコフ家の分家 領主クルムロフの居城として建設し各時代の所有者によって増築が重ねられゴシック・ルネッサンス・バロック様式が入り混じる内外装で5つの庭があります。
塔のある建物が一番古い建物

d0341582_13250787.jpg

d0341582_13413868.jpg


壁は、凹凸があるように見えますが、だまし絵 
ペイントで凹凸感が出されています。だまし絵で模様付けられている建物が多い。

d0341582_13254079.jpg

イベントがあったようです。中世の衣装の方も歩いています。

d0341582_13420290.jpg


聖ヴィート教会
1400年ころに建設されたローマカトリック教会

d0341582_13243772.jpg

スクエアで撮影してみました。 まるで絵にかいたような景色です。


d0341582_13255203.jpg

町全体が中世の面影を色濃く残しています。 
街の中を散策すると中世の街並みがそのまま残り、どこから写真をとってもチェコで一番美しい街でした。



広場近くのレストランでマス料理の昼食後 🚌移動約4,5時間オーストリアの首都ウィーンに移動します。


昼ごはん  マス料理 

d0341582_14062429.jpg


ツアー中盤疲れが出てきました。
マス自体は好きなのですが少し魚の匂いがして、ポテトも冷めていたので食欲がなく、ツアー食事撃沈
疲れているときは、食べ慣れない脂っこい食事はお休みします。
「モッタイナイ」と食べてしまうと食べ慣れない脂っこい食事で体調を崩すので、
ツアー中の食事は「モッタイナイ」封印 💦
ホテルの朝食の食べられるもので食事コントロールして健康を維持します。(*^-^*) 


夜ごはん
オーストリア伝統的 居酒屋 「ホイリゲ」 バッハ・ヘンゲル
ホイリゲ(Heuriger)ドイツ語 heuer(今年の)から、本来は der heurige Wine 新酒
ブドウ栽培農家がワイナリーの横で自家製ワインを販売したり提供する簡易食堂の事もホイリゲと呼ばれるようになった。

有名な方の写真も沢山ある有名なホイリゲでした。

d0341582_14061087.jpg

夜で画像では見えにくいのですが、旗の左側に松の枝での束が吊るされ「営業中」目印だそうです。
伝統のホイリゲではウィーン産のワインがだけが提供されます。

d0341582_14054407.jpg
 
ピクルス風サラダ ジャガイモ ソーセージ 鶏ロースト が人数分大盛りで出てきます。
グラスワイン1杯付  デザートはアイスクリーム

こういう料理は食べられます。 
追加でワインを注文すると小さなジョッキ風の入れ物で出てきました。赤ワインのほうが美味しい。


ツアー6日目、午前はウィーン市内観光 午後は 自由時間です。


[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-13 07:05 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(4)

10月2日 チェコの首都プラハ旧市街地  ツアーの昼食後、自由時間です。

高い所からプラハの街並みを眺める為に 広場に面した旧市庁舎の塔に登りました。

旧市庁舎塔 からプラハの街並みはとてもきれいです。
エレベーターで昇れます。市内一望 絶景です。

d0341582_21282797.jpg


聖キクラーシュ教会
d0341582_21274523.jpg


広場前にある2つの塔の建物は、ティーン協会

d0341582_21280229.jpg

d0341582_21384279.jpg

広場側から見た 旧市庁舎 建物の左側が時計台


市民会館  

d0341582_21383006.jpg



きれいなプラハの街並みを眺めた後は、街並みを散歩しながらミュシャ美術館へ向かいます。


火薬塔 
市民会館の横にある15世紀後半のゴシック様式の塔  17世紀に火薬塔として使用


d0341582_21381645.jpg


途中 チェココスメ オーガニックボタニクスの店へ
娘お勧めのボタニクス シアバター アイクリーム オレンジ石鹸と買ってきました。
日本でも販売されていますが、本場チェコ とても安い。
帰ってからシアバターを毎日顔に塗っています。初めて使うシアバター保湿力抜群です。
シアバター40g入り 5瓶も買って来たのでしばらく暫く持ちそうです。

d0341582_00030663.jpg


市内の景色を堪能した後は、ミュシャ美術館
チェコを代表する画家 アルフィンス・マリア・ミュシャ(チェコ語では、アルフォンス・マリア・ムハ)アールヌーボーを代表するグラフィックデザイナー 

沢山のムハの絵を見て気が付いたのですが、手が結構いかつい感じで書かれていて顔の上品さとのギャップがあります。

d0341582_21375198.jpg


クレメンティヌム
16世紀半場のドミニコ修道院中心とした教会や礼拝堂がある複合施設

d0341582_21520814.jpg

世界一美しい図書館が見学できます。蔵書数500万冊 国立図書館
要 見学時間確認 英語ツアーのみ 17時からのツアーに参加します。
見学時は窓が閉められ、電気の明かりだけで見学します。歴史を感じる図書館です。
真ん中に置かれている地球儀も本棚も重厚で歴史の重みを感じます。

d0341582_22013418.jpg


塔は、展望鏡がある天文台  螺旋階段で登ります。

塔の内部は撮影できませんが、外の出ると市内一望とても景色がきれいです。

d0341582_00060563.jpg

d0341582_21574411.jpg

高い所の景色を見るとするとカレル橋近くのクレメンティヌム(プラハで2番目に大きい歴史的建造物)
図書館も重厚で天文学の資料も見る事が出来るこちらがお勧めです。

塔から降りてくると 18時近くになりました。
もう時間がありません。 プラハは、個人旅行でゆっくり来るところでした。


昼ごはん
ローストポークとクネドリーキ(チェコのパン)
d0341582_21292047.jpg
d0341582_21290632.jpg

ボタニクスに行く途中、プレートに6種類のビールを並べて飲み比べのできるお店を見かけたので、そこへ行く事にしました。
奥に座っている一人の人が何種類かのビールを並べて飲んでいます。 
チェコに来たら これでしょう。英語メニューがあります。

d0341582_22115873.jpg

晩ご飯   6種類のビール飲み比べ ビールが美味しいです。 350Kc  1823円 

d0341582_22464256.jpg

d0341582_21285448.jpg


サラダ 大量の野菜にバルサミコソースがかかっていました。
ソーセージの煮込み ピリピリしていましたが美味 (ちょっとドイツ?)
ビールを美味しくいただきました。 アコーディオンの生演奏もある店です。


今日の散歩 19501歩 


10月4日は、世界遺産 チェスキークロムノフ見学後 ウィーンに入ります。



[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-12 09:58 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
10月2日 世界遺産の街 チェコの首都プラハ観光 
予想気温13℃ 5℃  手袋が要ります。


プラハ城見学 
プラハ城は世界で最も大きな城でかってはボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城であった。現在は、チェコ共和国の大統領府もあり、聖ヴィート大聖堂 聖イジート教会 旧王宮 黄金の小路などの集合体の大きな城です。

d0341582_20063914.jpg
旧市庁舎天文時計塔から見た丘に建つプラハ城


聖ヴィート大聖堂 プラハ城の城壁の中にあるゴシック様式の大聖堂 
1344年 もともとロマネスク様式のロトゥンダのあった場所に建立 完成に600年を要し 1929年完成
内部は聖ヴァーツラフ礼拝堂ががあり、
地下にある墓はチェコ代々の王のもので 戴冠式用のクラウンジュエルが保管されている。

d0341582_20075594.jpg

右 ミュシャのステンドグラス 1931年作

d0341582_09301686.jpg

右 パイプオルガンも重厚です

d0341582_20285986.jpg

教会に入った時は曇天でしたが見学が終わるころ雲が切れステンドグラス越しに差し込む光がとてもきれいでした。

d0341582_21205532.jpg

余談ですが、4年前バルセロナのサグラダファミリアに行きました。
快晴の昼前に入場、教会の両サイドのステンドグラスから差し込む光が七色でとてもきれいでした。
太陽の位置によりステンドグラスから差し込む光は表情を変えます。


聖イジート教会 プラハ城内に残る最も古い教会 ボヘミアで最も美しいとロマネスク様式の教会

d0341582_21220454.jpg

d0341582_20102544.jpg


旧王宮 
アーチ天井の吹き抜け空間が特徴の「ヴラディスラフ・ホール」やかって使用された「国会議場」
天井の紋章が印象的な「新国事録の間」など見どころが沢山ありますが、写真有料です。


黄金の小路 
皇帝ロドルフ2世がここに金細工師を住まわせたことに由来する地名ですが、実際は衛兵などの住居で寝るだけの質素な物だったようです。
№22 作家フランク・カルカが1926年から1年間仕事場とした家 
    3年前の本であh濃いブルーでしたが塗り替えられていました。
    📷スポットですが、残念ながら作家カフカがわかりません。理解した人?% (笑)
人人人とスゴイ人出ですが、窓の横のプレートを指し📷で写真を撮るので人が交代の時この写真が撮れました。

d0341582_20071948.jpg



カレル橋 
プラハを流れるヴルタヴァー川に架かる橋 神聖ローマ皇帝カール4世の治世下1357年に建設が始まり1402年完成
建築家ぺルト・パルレー設計3つの橋塔があり 旧市街地の橋塔はゴシック様式の建築 
橋の欄干には左右15体づつ30体の彫刻が並んでいます。
このうち一番最初に建てられた 聖人ヤン・ネポムツキーの像の下の台座にあるネポムツキーのレリーフに触れると「幸運」が訪れると言われているので人だかりができていました。
しっかり触れてきました。💕 

d0341582_21182961.jpg

もう一か所のパワースポット 市内側の橋のたもとプラハ城の見えるところに愛の南京錠が掛けられています。

d0341582_21095686.jpg


旧市庁舎 天文時計 
時計塔の建設は、1490年ころ 
・仕掛け人形(16世紀)
  右横の死神を示す骸骨が紐を引き、からくり時計スタートです。
  上の窓からイエスキリスト弟子の人形が現れます。 最後は一番上の鳥が鳴いて終了
・天文時計
  天動説に基づき地球を中心とした天体の動きを示す。
・カレンダー時計
  中心にプラハの紋章その周りに12の月を象徴する獣と農作業風景が描かれている。

9月末に修理が終わった「からくり時計」が見られました。

d0341582_20070458.jpg



カレル橋見学後、旧市庁舎まで歩き、ツアー恒例お土産物屋さんに行き、
12時の天文時計を見学してから昼食に行きました。

昼食後、2時から自由行動です。




[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-08 21:35 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
ブダベストから🚌で3時間  スロバキアの首都 プラチスラバへ

スロバキア 1993年 チェコスロバキアが、チェコとスロバキアに分離した国家です。
歴史ではチェコスロバキアと教科書で習った年代です。(*^-^*)


プラチスラバ城

d0341582_20520982.jpg

プラチスラバ市街の真ん中を通るドナウ川を見下ろす 岩丘の上に立つ長方形の四隅に塔があり、
ひっくり返したテーブルのような形の城
18世紀マリア・テレジアの居城として使われ、現在は博物館として使われています。
1811年の大火災で焼失 現在の城は、1956年~68年に再建。  
2008年の改修工事で外観が茶色→城に変わった。

d0341582_20562623.jpg
現地ガイドさんが持っていた大火災の写真


塔に登ると景色が素晴らしいそうですが、ツアーでは時間が無く前の広場で城の概要の説明があります。
城の前庭からのドナウ川 対岸は 左ハンガリー  右オーストリア

d0341582_20544418.jpg

d0341582_20550243.jpg


プラチスラバ城外観見学後は、バスで旧市内に移動 見学 ランチです。



ミハエル門 
旧市街地を囲む城壁にあった4つの塔の内現存する唯一の塔

      
d0341582_20534159.jpg


      ミハエル門の下には 世界各都市の方向と距離が刻まれています。

d0341582_20530897.jpg

東京まで9146km ローマ 783㎞ 

マリア・テレジアが戴冠式で通った道路を示す王冠マークの標識

d0341582_20535506.jpg


聖マルティン大聖堂 14世紀初めから約200年かけて建てられた教会
1563~1830年まで歴代ハンガリー王の戴冠式が行われた。
1741年 マリア・テレジアが戴冠式をした教会です。

d0341582_20532917.jpg


フラヴネーネ広場  正面塔のある建物 旧市庁舎  
右側 薄いグリーン系の建物は日本大使館 日の丸がかかっています。

d0341582_20532842.jpg


チュミル像  
マンホールの下から顔をのぞかせているおじさんの像 
「チュミル」スロバキア語で「のぞき屋」だそうです。
有名な像で人だかりがしていますが、暗くなると躓かないか心配です。
旧市内を散歩すると様々な像があり楽しいです。

d0341582_20532390.jpg


ブラチスラバ旧市街地 1平方kmくらいの広さで、建物もコンパクトな中世の街並みでした。
時間が無くたくさんのところを見る事が出来ず残念でした。

プラチスラバ城・ブラチスラバ旧市街を足早に観光して
🚌で約4.5時間 チェコの首都プラハに移動します。


ブダペスト → チェコ・プラハへの移動の通過点 のプラチスラバ観光があると言った移動の多い一日でした。


ツアーの食事は、3プレート 
サラダ or スープ    メインの一品   デザート です。
ツアー中 毎食のように茹でたジャガイモ、フライドポテトが出てきます。
食事は結構脂っぽい内容です。

昼ごはん プラチスラバにてレストランにて

ジャガイモのスープが美味しい一品でした。
d0341582_22070558.jpg




夜ごはん 
プラハのビアレストランで本場チェコ🍻飲み比べです。
普通のビール ハーフ&ハーフ 黒ビール  ビールはとっても美味しいです。


d0341582_22162444.jpg

d0341582_22065035.jpg

チョイスメニュー4種から一品 何を選ぼうか迷うところです。チーズのカツを選びました。
トマトの中にクリームの入ったサラダがさっぱりと美味。
下は、大勢の方が選んでいた牛肉の煮込み



[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-08 21:34 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
29日成田を出発した、中欧4カ国を巡るツアーに出かけ、ハンガリー、ブダペストに来ています。
30日 快晴 気温10度

午前中は、ブダペスト市内観光

d0341582_12222081.jpg


午後は、ライン川が大きく迂回しているドナウベント地方を観光

d0341582_12233422.jpg

夜は、ブダペストをブタ地区とペスト地区を大きく分断しているドナウ川クルーズでブダペストの王宮などの世界遺産のライトアップを楽しんで来ました。

d0341582_12290603.jpg


1日は、スロバキアの首都 プラチスラバに向けて出発します。


台風24号の進路を気にしながら
台風対策をして、留守番は👳‍♂️にまかせて出かけました。
前回の台風で破損箇所がより拡大しないか心配でしたが、
👳‍♂️からLINEで、台風被害は無かったと報告が来て安心しました。

台風24号は、日本列島縦断して各地に被害が出ている様子がネット経由で見聞できます。

末筆になりましたが、
          被害に遭われたました皆様に
          こころからお見舞い申し上げます。



不慣れな携帯でブダペストから投稿しました。


[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-01 12:20 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(4)
中ノ島 国立国際美術館でプーシキン展を見た後、梅田に戻りルクアバルチカでちょっと早い夕食です。

 紅白 (ビストロ ワインバー)

d0341582_23054490.jpg

洋風おでん コンソメでやわらかく炊いた大根にポルチーニ茸のクリームソース
パンを頼んでソースも完食。 大根も軟らかく美味

紅白鉄板メニュー 洋風おでんの次はフォアグラソースあんかけの茶碗蒸し 

d0341582_23060269.jpg


冷たいトマトとコンソメジュレ さっぱり美味しい

d0341582_23061735.jpg


サーロインステーキ と ローストビーフ

d0341582_23063689.jpg

魚介のマリネ (写真撮り忘れ)  ポテトでお腹がいっぱいになりました。

娘と 完食  
ビール 白ワイン 赤ワイン 二人とも各1杯づつ 飲んで 食事は半分づつ食べました。
ま~リーズナブルな これだけ食べて飲んで 二人で 6998円でした。(思わす書きたい金額でした)

今日は、娘と二人でプーシキン展へ しっかりフランス絵画魅せられてきました。
夕食は、紅白で。 

いつも行列ができている紅白 4時30分ごろ 誰も並んでいない。 ラッキー💕
店内の1組、支払いが終わりテーブルが片付くのを待って入店 その後入口に行列ができ始めました。
お店はほとんどがカウンター アコーディオンの音楽が大きな音で流れています。



もうお腹がいっぱいでデザートまで入らないなぁ~  ここでは。↘111.png

梅田阪急でマンゴージャムを買うという娘について新宿高野へ
マンゴージャムを買う間 ケーキを見ていたら・・・

d0341582_23052532.jpg

新宿高野 マンゴームースケーキ  美味しくいただきました。 
ムースの上にマンゴーがたっぷり乗ったケーキ 400+税 美味しさコスパ素晴らしいと思います。

ムースの上にたっぷりのマンゴーの重さ、敷き紙を外すとこのケーキ倒れてきます。倒れる前に📷
写真ではマンゴーの色がきれいでなくて💦 食べ物の写真は難しいです。


本日は、誕生日にお祝いをしてくれた娘をご招待しました。
プーシキン展 娘は東京に行った折見に行ってお勧めの絵画展 何度見ても良い絵画展だと大阪も参加です。
暑い日でしたが夕立もあり、大阪まで暑さに負けず出かけました。



[PR]
by sakura81-26 | 2018-08-30 06:47 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)

プーシキン美術館展

プーシキン美術館展 10月14日まで 大阪中ノ島 国立国際美術館

d0341582_07350363.jpg

入口の大きなパネル モネ「草上の昼食」  「白い水連」の展示もありました。

d0341582_07352309.jpg


パンフレットになっているのはルソーの「馬を襲うジャガー」
ルソーがパリに居ながら行ったことのない熱帯のジャングルを描いた作品。
緑のジャングルの木々がきれいな作品ですが、襲われている馬の表情に苦しみが無く無表情の可愛い顔をしています。

パンフレットのルソーの絵を見る限りどのような絵が見られるのだろうと楽しみな絵画展です。

メインは、「さぁ風景画の旅へー。」 フランス絵画の風景画

珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館。
同館が所蔵する17世紀~20世紀の風景画65点を展覧します。・・・
巨匠たちが愛した光と色彩が躍る美しい風景をお楽しみください。  byパンフレット

モネ・セザンヌ・ルノワール・ゴーギャン・コロー etc のフランスの風景が素敵です。
絵画が描かれた場所も大きなパネルで表示されているので良くわかります。

フランスの風景画を見ているとパリへ行きたくなりました。

何年か前 ルノワールのピンク系がバックの女性がを見たのもプーシキン展?記憶はたどれない。調べてみました。
平成25年神戸市立博物館、プーシキン展でルノワール《ジャンヌ・サマリーの肖像》を見ていました。
その時、今回も展示されていたピンクのライラックを描いた《陽だまりのライラック》も見ていました。

プーシキン美術館のコレクション展は見ごたえがありました。

大阪中ノ島 国立国際美術館 最寄駅から徒歩10~15分とアクセスが悪い。
行きは、大阪駅から初めてバスに乗って「田蓑橋」下車徒歩3分で行ってみました。
バスが一番便利ですが、53、73系統合わせて1時間に3本です。
帰りは、四つ橋線 肥後橋 → 梅田 



[PR]
by sakura81-26 | 2018-08-29 07:55 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(0)
リッツカールトン大阪 ロビーラウンジ アフタヌーンティー

d0341582_19364126.jpg


「エトロ」の世界観を表現したアフタヌーンティー。「エトロ」をイメージして創作したオリジナルカクテル付き
ピアノ・バイオリンの生演奏を聴きながらゆったりとした時間を過ごす事が出来ました。


娘からお誕生日のご招待です。
スパーリングワイン、カクテル、一皿目を頂いたところで・・・サプライズ ♫
パッピーバースディの生演奏、お誕生日バージョンの3段トレーが運ばれてきました。
ま~気恥しい 💦  前の席の欧米人のご主人からも 👍 を頂き  良い記念になりました。

一皿目 ビーツで染めたタルトカップに入ったサフランライスもありました。
チップスで隠れていますが豚肉のパテがあっさりと美味
d0341582_19362265.jpg

三段トレー 
一段目 スコーン クロテッドクリーム、レモンジャムもとても美味しかったです。
d0341582_19551596.jpg

2段目 
チョコレートもマカロンもおしゃれです。 カラフルアニマルチョコレートはうさぎ
マカロンは、ペイズリー柄の起源である「生命の樹」を描いています。花は、ナデシコのような生花
d0341582_19370854.jpg

三段目   紅茶ポット・カップは、ウエッジウッドでしたが、取り皿は大倉陶器だそうです。
バタフライウーマンと名付けられた カンパリのザハイオーネとイチゴ 
チョコレートで出来た蝶々の羽根の角度に感心しました。美味しい蝶々でした。
d0341582_19372795.jpg


d0341582_19355624.jpg

優雅な美味しいアフタヌーンティーでした。

誕生日は、記念になることをしようと 国立国際美術館「プーシキン美術館展」を計画しましたが Σ(・□・;)
7月21日からでした。 
第二候補 「プラド美術館展」兵庫県立美術館 駅から遠い 異常気象でパス

気になっていた「ピース ニッポン」の映画を見ることにしました。
日本の美しい風景の一番美しい映像がとてもきれいで日本に生まれて良かったと思う映画でした。


映画を見た後は、阪急梅田9階 梅田ギャラリーへ行って  
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/lv_timecapsule/index.htmlを見てきました。 

今年のサッカーワールドカップの決勝戦でルイ・ヴィトン・のボール入れからサッカーボールが出てきてびっくりた記憶が新しい。
出口では、カバンの持ち手を作る実演中
d0341582_20383294.jpg


大型の旅行鞄の内側はこんなふうになっているんだ~。ハンガーは木製

d0341582_20375633.jpg
 
故 市川團十郎さんが設計して海老蔵さんのために特注された着物ケース
d0341582_20374697.jpg


茶道の道具入れ
d0341582_20381154.jpg


中身の濃い記念に残る1日でした。

[PR]
by sakura81-26 | 2018-07-21 21:04 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
新緑の東北ハイライト2泊3日の旅 駆け足で有名な観光地を巡ってきました。
車窓から見える山にいたるところで藤の花が満開 十和田地方は八重桜が満開 奥入瀬渓流の新緑の中にムラサキヤシオツツジが見られました。山野草・和の花を見ながら観光してきました。

一泊目 湯瀬渓谷 
川の瀬から湯が湧いたところからその名が付いたといわれている湯瀬温泉
ホテルの前 米代川沿いの湯瀬渓流遊歩道を早朝散歩してきました。左岸の山に藤の花が満開です。 
JR花輪線盛岡行1日7本しか運行されていない5:50分の電車を見る事が出来ました。

d0341582_06580161.jpg

藤が滝のように山を彩っていました。
d0341582_10461963.jpg
マイヅルソウ


d0341582_10464092.jpg



二泊目 新緑の美しい奥入瀬渓流 
新緑の奥入瀬渓流の中に所々 ムラサキヤシオツツジが咲いていました。
d0341582_10515604.jpg


d0341582_10470337.jpg
白い山野草は名前がわかりません。 下段 ウツギ    シダ



三日目 角館 青柳家の庭 
キンラン
d0341582_10472157.jpg


d0341582_10451866.jpg

上段 オダマキ 
下段 ジュウニヒトエ  ミヤコワスレ 

d0341582_06572666.jpg
角館 青柳家の庭


花に詳しくないので花の名前を一生懸命調べましたが分からない花がいっぱいです。
Iphone8で撮影




[PR]
by sakura81-26 | 2018-06-04 07:17 | 春夏秋冬 お出かけ
5月29日 ツアー三日目 秋田の小京都 角館へ。

黒い板壁戸新緑がきれいな 内町武家屋敷界隈を1時間半歩いてきました。

d0341582_20363868.jpg


角館武家屋敷  
初めての方は、有料で武家屋敷の内側・資料まで公開している青柳家か石黒家を見るのがお勧めと言われ
青柳家を訪問してきました。

 
d0341582_20365340.jpg


現在も江戸時代末期時の屋敷割や、母屋・門・蔵の屋敷構え、枡型など武家町の特性をよく残しています。
三千坪の屋敷内に六つの資料館があり、代々伝えられた武具や美術品などの公開施設になっています。
正門の薬医門は国内外に知られた秋田の象徴であります。by 角館観光navi

d0341582_20383973.jpg

d0341582_20385136.jpg
庭には可愛い和の花が沢山咲いていました。

甲冑などの資料館にあった青柳家伝来の刀 持つ事が出来ます。
本物の刀 ずっしりと重たい 体験でした。
d0341582_20371032.jpg


岩橋家 家の中に入る事が出来ませんが、庭と庭から家の中を見る事が出来ました。
映画「たそがれ清兵衛」の撮影が行われたとこだそうです。

d0341582_20373408.jpg

岩崎家の庭 天然記念物 樹齢300年 かしわの木
d0341582_20381583.jpg


桧木内川堤の桜並木 武家屋敷の枝垂れ桜の緑 とてもきれいです。
ットで角館の四季折々の写真を見て 桜の時期に是非訪れてみたいと思う角館でした。


昼食はバスで移動 秋田ふるさと村にある「稲庭うどん 佐藤養助」 稲庭うどんを頂きました。
バスが到着後茹で始められる 出来立ての稲庭うどんとても美味しかったです。

d0341582_20374853.jpg

好物の稲庭うどん 旅行パンフレットに稲庭うどんの昼食と書かれていたので楽しみにしていました。

稲庭うどんは、ちゃんとした有名なお店で美味しく頂く事が出来ました。
( 1日目、比内鶏の親子丼 十和田湖のお土産物屋さんの2階の食堂 いまいちでした。)
お土産にお店限定のお徳用稲庭うどんを買ってきました。


昼食後は、一路仙台空港へ 17:35の伊丹行き搭乗して帰路につきました。

新緑の東北旅行、
東北4県 松島 平泉中尊寺 十和田湖 奥入瀬渓流 角館と足早に訪問するツアーでした。



[PR]
by sakura81-26 | 2018-06-01 21:00 | 春夏秋冬 お出かけ