8月31日 転倒股関節骨折 9月1日 人口股関節置換手術
リハビリも順調 車椅子生活になりましたが、10月13日無事退院する事が出来、元のグループホームに戻る事が出来ました。

認知症は進んでいるようです。
娘と認識していますが、どれだけ理解しているのか不明。
病室で看護師さんやスタッフさんから「娘さん・・・・」と言われ 
皆さんから娘さんと言われるよく見る人 = 娘??かもです。
👨や孫の事は、認識できません。
息子も「孫によく似た人」から一段落ち、「知らない人」になりました。
毎日顔を見せて「孫の〇〇」と母にインプットさせれば孫に昇格できるかもしれません。(*^-^*)

認知症になり、自立志向の母は、出来ないことが多くなり混乱をきたして精神的に追い詰められていましたが、認知が進み自主的に何かをしようとすることが無くなり、穏やかになっています。 

手術前との変化
押し車自立歩行  →  車椅子生活
            指示を出せば車いすも自分で動かす事が出来るようになっています。
トイレ自立    →  トイレ誘導
            ほぼ失禁はないようですが、リハビリパンツ 
            立位は出来、リハビリパンツも上げる事が出来る。
食事 7分かゆ 刻みとろみ食になりました。食事量70%~ 時により100%摂食もあるそうです。
睡眠       →  夜間ぐっすり眠るようになった。


安定した病院生活から、グループホームに戻り環境の変化にどのように対応できるかわかりませんが、
1日でも早く落ち着いた生活が出来る事を願うばかりです。


d0341582_17263239.jpg
酔芙蓉



手術後、麻酔の混乱が長らく続き、食事誤嚥絶食となり、体重は34㎏になりました。
7月26日の健康診断表を見ると38㎏ 「るいそう」と書かれています。
るいそう(羸痩) 脂肪組織が病的に減少した症候をいう。いわゆる(痩せ)の程度が著しい状態
食べても もう太れなくなっています。
持っている服がすべて大きく、退院に際しsサイズの服を探しに行きました。
ショッピングセンターで2件洋服屋さんに行きましたがMサイズしかなく服が大きすぎます。
デパートのワコール らくラクパートナーというショップにSサイズの服がありとりあえず上着1着購入しました。Sサイズでも大きいくらいでした。


母が入院中 申し込んでいた旅行に出かけました。
5月の末に申し込んでいた旅行、母が転倒し手術した日にはもうキャンセル料(15日前までのキャンセル料 5万円)が発生しており二年前の悪夢がよみがえり、そのまま放置していました。
年前、旅行3日前の土曜日朝に元気はつらつだった父が発熱、土日病院休みの事を考え病院を受診したところ、肺に膿がたまり「余命あと1か月」と出てしまい、旅行3日前ドタキャンとなってしまいました。
旅行に行けるか最終決断は、旅行3日前(キャンセル料20%)までです。
「今回の旅行また行けなくなりそう」と介護職だった友人や知人に話したら
「母は、内科でなく整形外科入院中で病状が安定して、認知症で騒いでいなければ病院ほど安全なところはない。今が一番旅行に行きやすい」と旅行に行く事を勧めてくれました。ありがたい後押しで旅行に出かけました。
主人と息子夫婦に後を頼んで出かけました。面会に行っても認識されず可愛そうでしたが・・・。
こういう時、兄弟がいないということはとても不便です。
旅行中、母も病状に変わりなく、台風も心配されましたが被害もなく一安心です。
帰って来て病院に行ったら誰だという顔をして、きょとんとしていました。やっぱり忘れていました。💦
毎日病院に通うと娘だと認識しています。年齢を99歳だという母です。





[PR]
# by sakura81-26 | 2018-10-14 08:06 | 両親の事  | Comments(2)

チェコで最も美しい世界遺産の街 チェスキークルムロフ へ

プラハからバスで約3時間 
ヴルタヴァー川が大きく迂回する高台にあるチェスキークルムロフの街

13世紀南ボヘミアの貴族ヴィートコフ家の分家によって城が築かれたのが町の始まり。
通りにはルネッサンス様式の住宅が立ち並びます。  1992年世界遺産登録

d0341582_13245291.jpg


d0341582_13252929.jpg


チェスキークルムロフ城 ツアーでは時間が無く外観のみ
13世紀ヴィートコフ家の分家 領主クルムロフの居城として建設し各時代の所有者によって増築が重ねられゴシック・ルネッサンス・バロック様式が入り混じる内外装で5つの庭があります。
塔のある建物が一番古い建物

d0341582_13250787.jpg

d0341582_13413868.jpg


壁は、凹凸があるように見えますが、だまし絵 
ペイントで凹凸感が出されています。だまし絵で模様付けられている建物が多い。

d0341582_13254079.jpg

イベントがあったようです。中世の衣装の方も歩いています。

d0341582_13420290.jpg


聖ヴィート教会
1400年ころに建設されたローマカトリック教会

d0341582_13243772.jpg

スクエアで撮影してみました。 まるで絵にかいたような景色です。


d0341582_13255203.jpg

町全体が中世の面影を色濃く残しています。 
街の中を散策すると中世の街並みがそのまま残り、どこから写真をとってもチェコで一番美しい街でした。



広場近くのレストランでマス料理の昼食後 🚌移動約4,5時間オーストリアの首都ウィーンに移動します。


昼ごはん  マス料理 

d0341582_14062429.jpg


ツアー中盤疲れが出てきました。
マス自体は好きなのですが少し魚の匂いがして、ポテトも冷めていたので食欲がなく、ツアー食事撃沈
疲れているときは、食べ慣れない脂っこい食事はお休みします。
「モッタイナイ」と食べてしまうと食べ慣れない脂っこい食事で体調を崩すので、
ツアー中の食事は「モッタイナイ」封印 💦
ホテルの朝食の食べられるもので食事コントロールして健康を維持します。(*^-^*) 


夜ごはん
オーストリア伝統的 居酒屋 「ホイリゲ」 バッハ・ヘンゲル
ホイリゲ(Heuriger)ドイツ語 heuer(今年の)から、本来は der heurige Wine 新酒
ブドウ栽培農家がワイナリーの横で自家製ワインを販売したり提供する簡易食堂の事もホイリゲと呼ばれるようになった。

有名な方の写真も沢山ある有名なホイリゲでした。

d0341582_14061087.jpg

夜で画像では見えにくいのですが、旗の左側に松の枝での束が吊るされ「営業中」目印だそうです。
伝統のホイリゲではウィーン産のワインがだけが提供されます。

d0341582_14054407.jpg
 
ピクルス風サラダ ジャガイモ ソーセージ 鶏ロースト が人数分大盛りで出てきます。
グラスワイン1杯付  デザートはアイスクリーム

こういう料理は食べられます。 
追加でワインを注文すると小さなジョッキ風の入れ物で出てきました。赤ワインのほうが美味しい。


ツアー6日目、午前はウィーン市内観光 午後は 自由時間です。


[PR]
# by sakura81-26 | 2018-10-13 07:05 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(4)

10月2日 チェコの首都プラハ旧市街地  ツアーの昼食後、自由時間です。

高い所からプラハの街並みを眺める為に 広場に面した旧市庁舎の塔に登りました。

旧市庁舎塔 からプラハの街並みはとてもきれいです。
エレベーターで昇れます。市内一望 絶景です。

d0341582_21282797.jpg


聖キクラーシュ教会
d0341582_21274523.jpg


広場前にある2つの塔の建物は、ティーン協会

d0341582_21280229.jpg

d0341582_21384279.jpg

広場側から見た 旧市庁舎 建物の左側が時計台


市民会館  

d0341582_21383006.jpg



きれいなプラハの街並みを眺めた後は、街並みを散歩しながらミュシャ美術館へ向かいます。


火薬塔 
市民会館の横にある15世紀後半のゴシック様式の塔  17世紀に火薬塔として使用


d0341582_21381645.jpg


途中 チェココスメ オーガニックボタニクスの店へ
娘お勧めのボタニクス シアバター アイクリーム オレンジ石鹸と買ってきました。
日本でも販売されていますが、本場チェコ とても安い。
帰ってからシアバターを毎日顔に塗っています。初めて使うシアバター保湿力抜群です。
シアバター40g入り 5瓶も買って来たのでしばらく暫く持ちそうです。

d0341582_00030663.jpg


市内の景色を堪能した後は、ミュシャ美術館
チェコを代表する画家 アルフィンス・マリア・ミュシャ(チェコ語では、アルフォンス・マリア・ムハ)アールヌーボーを代表するグラフィックデザイナー 

沢山のムハの絵を見て気が付いたのですが、手が結構いかつい感じで書かれていて顔の上品さとのギャップがあります。

d0341582_21375198.jpg


クレメンティヌム
16世紀半場のドミニコ修道院中心とした教会や礼拝堂がある複合施設

d0341582_21520814.jpg

世界一美しい図書館が見学できます。蔵書数500万冊 国立図書館
要 見学時間確認 英語ツアーのみ 17時からのツアーに参加します。
見学時は窓が閉められ、電気の明かりだけで見学します。歴史を感じる図書館です。
真ん中に置かれている地球儀も本棚も重厚で歴史の重みを感じます。

d0341582_22013418.jpg


塔は、展望鏡がある天文台  螺旋階段で登ります。

塔の内部は撮影できませんが、外の出ると市内一望とても景色がきれいです。

d0341582_00060563.jpg

d0341582_21574411.jpg

高い所の景色を見るとするとカレル橋近くのクレメンティヌム(プラハで2番目に大きい歴史的建造物)
図書館も重厚で天文学の資料も見る事が出来るこちらがお勧めです。

塔から降りてくると 18時近くになりました。
もう時間がありません。 プラハは、個人旅行でゆっくり来るところでした。


昼ごはん
ローストポークとクネドリーキ(チェコのパン)
d0341582_21292047.jpg
d0341582_21290632.jpg

ボタニクスに行く途中、プレートに6種類のビールを並べて飲み比べのできるお店を見かけたので、そこへ行く事にしました。
奥に座っている一人の人が何種類かのビールを並べて飲んでいます。 
チェコに来たら これでしょう。英語メニューがあります。

d0341582_22115873.jpg

晩ご飯   6種類のビール飲み比べ ビールが美味しいです。 350Kc  1823円 

d0341582_22464256.jpg

d0341582_21285448.jpg


サラダ 大量の野菜にバルサミコソースがかかっていました。
ソーセージの煮込み ピリピリしていましたが美味 (ちょっとドイツ?)
ビールを美味しくいただきました。 アコーディオンの生演奏もある店です。


今日の散歩 19501歩 


10月4日は、世界遺産 チェスキークロムノフ見学後 ウィーンに入ります。



[PR]
# by sakura81-26 | 2018-10-12 09:58 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
10月2日 世界遺産の街 チェコの首都プラハ観光 
予想気温13℃ 5℃  手袋が要ります。


プラハ城見学 
プラハ城は世界で最も大きな城でかってはボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城であった。現在は、チェコ共和国の大統領府もあり、聖ヴィート大聖堂 聖イジート教会 旧王宮 黄金の小路などの集合体の大きな城です。

d0341582_20063914.jpg
旧市庁舎天文時計塔から見た丘に建つプラハ城


聖ヴィート大聖堂 プラハ城の城壁の中にあるゴシック様式の大聖堂 
1344年 もともとロマネスク様式のロトゥンダのあった場所に建立 完成に600年を要し 1929年完成
内部は聖ヴァーツラフ礼拝堂ががあり、
地下にある墓はチェコ代々の王のもので 戴冠式用のクラウンジュエルが保管されている。

d0341582_20075594.jpg

右 ミュシャのステンドグラス 1931年作

d0341582_09301686.jpg

右 パイプオルガンも重厚です

d0341582_20285986.jpg

教会に入った時は曇天でしたが見学が終わるころ雲が切れステンドグラス越しに差し込む光がとてもきれいでした。

d0341582_21205532.jpg

余談ですが、4年前バルセロナのサグラダファミリアに行きました。
快晴の昼前に入場、教会の両サイドのステンドグラスから差し込む光が七色でとてもきれいでした。
太陽の位置によりステンドグラスから差し込む光は表情を変えます。


聖イジート教会 プラハ城内に残る最も古い教会 ボヘミアで最も美しいとロマネスク様式の教会

d0341582_21220454.jpg

d0341582_20102544.jpg


旧王宮 
アーチ天井の吹き抜け空間が特徴の「ヴラディスラフ・ホール」やかって使用された「国会議場」
天井の紋章が印象的な「新国事録の間」など見どころが沢山ありますが、写真有料です。


黄金の小路 
皇帝ロドルフ2世がここに金細工師を住まわせたことに由来する地名ですが、実際は衛兵などの住居で寝るだけの質素な物だったようです。
№22 作家フランク・カルカが1926年から1年間仕事場とした家 
    3年前の本であh濃いブルーでしたが塗り替えられていました。
    📷スポットですが、残念ながら作家カフカがわかりません。理解した人?% (笑)
人人人とスゴイ人出ですが、窓の横のプレートを指し📷で写真を撮るので人が交代の時この写真が撮れました。

d0341582_20071948.jpg



カレル橋 
プラハを流れるヴルタヴァー川に架かる橋 神聖ローマ皇帝カール4世の治世下1357年に建設が始まり1402年完成
建築家ぺルト・パルレー設計3つの橋塔があり 旧市街地の橋塔はゴシック様式の建築 
橋の欄干には左右15体づつ30体の彫刻が並んでいます。
このうち一番最初に建てられた 聖人ヤン・ネポムツキーの像の下の台座にあるネポムツキーのレリーフに触れると「幸運」が訪れると言われているので人だかりができていました。
しっかり触れてきました。💕 

d0341582_21182961.jpg

もう一か所のパワースポット 市内側の橋のたもとプラハ城の見えるところに愛の南京錠が掛けられています。

d0341582_21095686.jpg


旧市庁舎 天文時計 
時計塔の建設は、1490年ころ 
・仕掛け人形(16世紀)
  右横の死神を示す骸骨が紐を引き、からくり時計スタートです。
  上の窓からイエスキリスト弟子の人形が現れます。 最後は一番上の鳥が鳴いて終了
・天文時計
  天動説に基づき地球を中心とした天体の動きを示す。
・カレンダー時計
  中心にプラハの紋章その周りに12の月を象徴する獣と農作業風景が描かれている。

9月末に修理が終わった「からくり時計」が見られました。

d0341582_20070458.jpg



カレル橋見学後、旧市庁舎まで歩き、ツアー恒例お土産物屋さんに行き、
12時の天文時計を見学してから昼食に行きました。

昼食後、2時から自由行動です。




[PR]
# by sakura81-26 | 2018-10-08 21:35 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
ブダベストから🚌で3時間  スロバキアの首都 プラチスラバへ

スロバキア 1993年 チェコスロバキアが、チェコとスロバキアに分離した国家です。
歴史ではチェコスロバキアと教科書で習った年代です。(*^-^*)


プラチスラバ城

d0341582_20520982.jpg

プラチスラバ市街の真ん中を通るドナウ川を見下ろす 岩丘の上に立つ長方形の四隅に塔があり、
ひっくり返したテーブルのような形の城
18世紀マリア・テレジアの居城として使われ、現在は博物館として使われています。
1811年の大火災で焼失 現在の城は、1956年~68年に再建。  
2008年の改修工事で外観が茶色→城に変わった。

d0341582_20562623.jpg
現地ガイドさんが持っていた大火災の写真


塔に登ると景色が素晴らしいそうですが、ツアーでは時間が無く前の広場で城の概要の説明があります。
城の前庭からのドナウ川 対岸は 左ハンガリー  右オーストリア

d0341582_20544418.jpg

d0341582_20550243.jpg


プラチスラバ城外観見学後は、バスで旧市内に移動 見学 ランチです。



ミハエル門 
旧市街地を囲む城壁にあった4つの塔の内現存する唯一の塔

      
d0341582_20534159.jpg


      ミハエル門の下には 世界各都市の方向と距離が刻まれています。

d0341582_20530897.jpg

東京まで9146km ローマ 783㎞ 

マリア・テレジアが戴冠式で通った道路を示す王冠マークの標識

d0341582_20535506.jpg


聖マルティン大聖堂 14世紀初めから約200年かけて建てられた教会
1563~1830年まで歴代ハンガリー王の戴冠式が行われた。
1741年 マリア・テレジアが戴冠式をした教会です。

d0341582_20532917.jpg


フラヴネーネ広場  正面塔のある建物 旧市庁舎  
右側 薄いグリーン系の建物は日本大使館 日の丸がかかっています。

d0341582_20532842.jpg


チュミル像  
マンホールの下から顔をのぞかせているおじさんの像 
「チュミル」スロバキア語で「のぞき屋」だそうです。
有名な像で人だかりがしていますが、暗くなると躓かないか心配です。
旧市内を散歩すると様々な像があり楽しいです。

d0341582_20532390.jpg


ブラチスラバ旧市街地 1平方kmくらいの広さで、建物もコンパクトな中世の街並みでした。
時間が無くたくさんのところを見る事が出来ず残念でした。

プラチスラバ城・ブラチスラバ旧市街を足早に観光して
🚌で約4.5時間 チェコの首都プラハに移動します。


ブダペスト → チェコ・プラハへの移動の通過点 のプラチスラバ観光があると言った移動の多い一日でした。


ツアーの食事は、3プレート 
サラダ or スープ    メインの一品   デザート です。
ツアー中 毎食のように茹でたジャガイモ、フライドポテトが出てきます。
食事は結構脂っぽい内容です。

昼ごはん プラチスラバにてレストランにて

ジャガイモのスープが美味しい一品でした。
d0341582_22070558.jpg




夜ごはん 
プラハのビアレストランで本場チェコ🍻飲み比べです。
普通のビール ハーフ&ハーフ 黒ビール  ビールはとっても美味しいです。


d0341582_22162444.jpg

d0341582_22065035.jpg

チョイスメニュー4種から一品 何を選ぼうか迷うところです。チーズのカツを選びました。
トマトの中にクリームの入ったサラダがさっぱりと美味。
下は、大勢の方が選んでいた牛肉の煮込み



[PR]
# by sakura81-26 | 2018-10-08 21:34 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)