人気ブログランキング |

2019年 06月 17日 ( 2 )

二日目  函館本線・大沼公園駅 12時17分発 → 北海道新幹線・新函館北斗駅へ

d0341582_21593474.jpg


北海道新幹線 新函館北斗 → 新青森 → 五能線「リゾートしらかみ」乗車

今日乗る「リゾートしらかみ4号」は青池編成です。日本海窓側は、Aです。
d0341582_21595423.jpg

五能線 弘前 → 川部駅間  スイッチバックで往復します。

黒岩市付近は、リンゴ畑の中を走行 
鯵ヶ沢から雄大な日本海の絶景を見ながら走る「リゾートしらかみ」の旅2時間55分です。  


津軽富士・岩木山(1625m)を見ながら一路日本海へ向けて
d0341582_21592541.jpg


ずいぶん久しぶりに電車で駅弁食べました。
新幹線・新函館北斗駅の乗り換え時間 駅改札外の駅弁カフェで購入した駅弁は、
「こぼれいくらとろサーモン」  いくら堪能できるお弁当です。 
とても食べ応えがあり美味しいのですが、減塩とは全く縁遠い 💦 

d0341582_23071481.jpg


千畳敷海岸で15分停車 千畳敷海岸に見学 

千畳敷海岸  1972年(寛政4年)の地震により隆起してできた岩床の海岸
その昔、殿様が戦場の畳を敷き酒宴を催したといわれる岩棚が後代に続いています。by青森観光情報

d0341582_22281742.jpg

d0341582_22303897.jpg
カモメが羽休め こちらのカモメ大きいです。

平成5年に建立された太宰治 小説「津軽」碑
d0341582_21571522.jpg


深浦駅付近は、きれいな海岸線が続き速度を落としゆっくりと走行します。

五能線の中でも一番きれいな海岸線
d0341582_21573157.jpg


電車の窓ガラスが、UVカットのグリーンのガラス? 
日が差すと写真がグリーンかかった色になります。無修正でUP


新青森13:58 ~16:53 ウェスパ椿山着  北海道・大沼公園駅から 4時間35分かかりました。 
ウェスパ椿山でホテルの送迎バスで 黄金崎不老ふ死温泉へ

秘湯 黄金崎不老ふ死温泉 
「リゾートしらかみ」乗車でへき地だけれどきれいな海岸線を見ながら快適にたどり着く事が出来ました。

不老ふ死温泉

d0341582_21574374.jpg

ナトリウム 塩化物泉 鉄分が酸化してこい茶褐色
浴槽の周りには茶色の湯の花が付いています。

      Furofushi-spa.jpg Wikipediaから画像お借りしました。

こちらは混浴、隣に女性用の浴槽があります。 📷持ち込み禁止


一度大浴場に行き、体を洗った後に露天風呂に行きました。18:18
夕日を見ながら絶景の入浴、遠路はるばる来たかいがありました。

d0341582_21580494.jpg


部屋から夕陽が見えます。
19:11 快晴で夕日を楽しみにしていたのですが日が落ちるころ水平線に雲が現れました。

d0341582_21584168.jpg

夜 星空を見るのも楽しみ 
ホテルの玄関近くに寝転んで星を見る事が出来る星空デッキがあります。
iphoneのアプリを入れ星座観察楽しみにしていましたが、
快晴  月(月齢8,7)が明るすぎてちょっと星が見ずらい状態。 残念です。


  夕日を見てからの夕食時間は19:30~にお願いしました。

アワビの踊り焼きのコース
d0341582_21585217.jpg

d0341582_22461693.jpg

柔らかく大きなアワビの踊り焼きでした。 サザエ特大 こんな大きなサザエ初めてです。
昼間、駅弁でイクラをたっぷり食べてもう食べられない・・
味見と一口食べたらとてもおいしいイクラ完食です。

海の幸とってもおいしくいただきました。 ごちそうさまでした。



ブロ友さんが行かれて印象的だった 五能線 不老ふ死温泉 
こんなに遠くまで行く事はできないな~とブログ拝見していました。  
娘が行ってみようというので訪れてみました。 日本海の景色もきれいでとてもいいところです。  
五能線に乗ってみて人気があるのがわかります。絶景です。  しかし遠い。 
ツアー参加じゃなくて、個人旅行で来る事が出来て良かった旅行です。


旅行3日目は、 朝から十二湖 1時間トレッキングコース参加 
十二湖駅から再び「リゾート。しらかみ」に乗って弘前に戻り、弘前観光の予定を立てました。

朝食後 不老ふ死温泉を訪れた方がUPしている写真を撮っていないことに気が付きました。
日帰り入浴の入り口近くにあります。

d0341582_11011181.jpg

風力発電の手前に星空デッキがあります。



d0341582_12001025.jpg



by sakura81-26 | 2019-06-17 00:05 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(4)
旅行2日目 12時17分大沼公園駅の電車に乗車 新函館北斗から新幹線で新青森へ 

朝食後 大沼公園へ朝の散歩  遊歩道散歩と遊覧船乗船。 9:00の遊覧船に乗る事が出来ました。


大沼公園 駒ケ岳を背景に大沼、小沼。じゅんさい沼の三つの沼があり
126の小島からなる風光明媚なところ   大沼 大きな湖のようです。
              
       大沼公園遊覧船から 駒ケ岳(1131m 活火山)が正面に見えます。 30分の遊覧

d0341582_20431216.jpg

大沼という地名は、アイヌ語の「ポトロ」からきています。
「ポロ」=「大いなる」  「ト」=「湖沼、水たまり」を意味します。

沼と湖の違い 大きく分けて水深5m以下が沼です。


乗船後は、大沼公園の遊歩道散歩 時間がないので一番短いコースへ

d0341582_20441553.jpg


                遊歩道にある 「千の風になって」のモニュメント
d0341582_20462945.jpg


                ハマナスが咲いていました。 ミツバチ、密採集中
d0341582_20435390.jpg


ホテルに戻り もう一度露天風呂に入り 11時チェックアウト

ホテルの庭を散策して  函館本線 大沼公園駅12時17分の電車で新函館北斗へ向かいました。 


函館本線 大沼公園駅

d0341582_20454506.jpg

d0341582_20551076.jpg


d0341582_20451626.jpg

函館本線 単線 線路わきにたんぽぽの花がきれいです。

さてこれから 今日最大の難関 五能線 「リゾートしらかみ」への乗り換え時間は、8分です。

函館本線    大沼公園  12:17   新函館北斗  12:30  乗り換え18分
北海道新幹線  新函館北斗 12:48   新青森    13:50  乗り換え 8分
五能線     新青森   13:58   ウエスパ椿山 16:53 
ウエスパ椿山駅 → 送迎バス  不老不死温泉へ 


ホテルの朝食  
ハーフビュッフェ 
スープと二種類の卵料理プレートから一品  エッグベネディクトをセレクト

パンもお料理も大変美味しくいただきました。

d0341582_20483608.jpg

d0341582_20492769.jpg


昨日の夕食は、MAXお腹いっぱい完食  今日も元気に朝食も完食でした。

お天気も良く 五能線乗車を楽しみに不老ふ死温泉へ向かいます。




by sakura81-26 | 2019-06-17 00:01 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(0)

「今日も元気で1日が過ごせますように」 日々の記録


by みいうみ