人気ブログランキング |

2019年 05月 28日 ( 1 )

昼食後は、持明院 へ向かい 四国八十八か所のお砂踏み体験です。

四国八十八か所の各寺院のご本尊の石仏にお参りして、石仏前にあるお砂場を踏むことで、
お遍路の幸徳を得られます。 お砂踏み場の成満の証(有料)も発行されます。

石像の前の四角い囲みにお砂が入っています。 一か所ずつ順番にお砂が入った台に乗っていきます。
お砂場の台へは、ツアーの人の流れに乗って横異動します。年齢的に結構大変な移動でした。
敷地内には、西国三十三か所もあります。

d0341582_10150546.jpg



持明院 
900年前 持明房真誉大徳が開基 持明房真誉大徳を擁する「持流」派の本山
本尊は 延命地蔵菩薩 信仰すれば長生きできるとされる地蔵菩薩
宿坊 


d0341582_10000868.jpg

d0341582_09580060.jpg
門扉の立派な透かし彫り



境内でクリンソウも見られました。
d0341582_09582145.jpg

姫シャガ 
d0341582_09592144.jpg

d0341582_17115630.jpg

d0341582_10295573.jpg


何も考えずにツアーに参加して 四国88か所お砂踏み体験をしてきました。
石像にお参りを初めて気が付きました。お賽銭の小銭を持ち合わせていません。
昔、仁和寺の裏の御室八十八か所霊場巡りした時、 お賽銭は 5円玉や1円玉をもってお参りをされていました。実際、ここも石仏の前に五円玉や1円玉が置かれていました。
お賽銭は本堂のみです。


持明院の四国八十八か所のお砂踏み体験後は、 壇上伽藍に向かいます。


奥の院を見学後 持明院へ行く前に観光センターでツアーの昼食 

d0341582_18520233.jpg



by sakura81-26 | 2019-05-28 07:29 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)

「今日も元気で1日が過ごせますように」 日々の記録


by みいうみ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31