2018年 10月 30日 ( 1 )

世界遺産と中世の街並みを楽しむ旅もいよいよ最終日 14時まで自由行動の日
朝からトラムに乗って世界遺産「ベルヴェデーレ宮殿」へ
今回の旅の目的の一つは、クリムトの接吻 Der Kuss)を見る事でとても楽しみにしていました。

d0341582_20034105.jpg


ベルヴェデーレ宮殿
ふたつの本館の歴史的な庭園によって構成されるバロック式宮殿
18世紀初頭有名な建築家 ヨーハン・ルーカス・フォン・ビルデブラントによって
オーストリア帝国郡総司令官プリンツ・フォン・ザヴォイエンの夏の離宮として建築されました。
世界で最も美しいバロック建築としてユネスコ世界遺産に登録されています。by パンフレット

ベルヴェデーレ宮殿 正面
d0341582_20013719.jpg

トラムの駅から歩くとベルヴェデーレ宮殿の右横の入口でした。 
青空に宮殿が浮かび上がりとてもきれいで正面と間違えました。
d0341582_19594593.jpg

上宮は最も重要なコレクションを展示
下宮はもともとフォン・ザヴォイエンの居城であったが入れ替わりがある作品展示スペース。

オーストリアギャラリー(ベルヴェデーレ宮殿)にはクリムトの作品が多く展示されています。
接吻 Der Kuss)
180×180㎝ 大きな作品です。街中で見かける接吻の作品から創造しがたい大きさで迫力です。
クリムトと恋人エミリーエ・フレンゲをモデルとした1907~1908年に書かれた金箔を使った作品

d0341582_20455332.jpg

来年東京で開かれる「クリムト展」で展示される「ユディトⅠ《Judith》
Wikipediaのクリムトで検索すると画像が出てきますが、どのような大きさかわかりません。
大きい作品かと思っていましたが、以外に小さい作品。
「ユディト」とは「ユダヤの女」の意味
旧約聖書「ユディト」に出て来るユダヤで語られる英雄的女性
将軍ホロフェルネスの首を切った未亡人ユディトを描いた1901年の作品

d0341582_20010519.jpg

沢山のクリムトの作品を見る事が出来ました。 

d0341582_20005007.jpg

時折、ツアー団体が有名な絵の前で説明を受け、また次の有名な絵画に移動しますが
美術館自体は結構空いていてゆっくり色々な絵画を楽しむ事が出来ました。


部屋の窓から見る庭園がきれいです。 左遠くにシュテファン寺院の塔が見えます。

d0341582_20012094.jpg

ベルヴェデーレ宮殿を見学後、正面玄関から出てトラムでオペラ座前まで戻り
今日は、デーメルでザッハートルテを食べて軽くランチ、スーパーで配り土産を買います。


デーメル 
昔はハルスブルグ家のベーカリー フランツ・ヨーゼフ1世と王妃シシイももここに通い店内には皇帝の間も残されている老舗
ショーウィンドーのディスプレーが可愛いです。

d0341582_20023896.jpg

d0341582_20022727.jpg

ザッハートルテ  三角のチョコレートが乗っています。ホイップクリームは別注らしいです。

d0341582_20014513.jpg

ガイドさんがウィーンの方はアップルパイの方が好きだと言われたので食べてみました。昔懐かしい味

d0341582_20015881.jpg

昼ごはん ハムとマカロニのグラタン?上のチーズが美味しかったのですが完食できず。

d0341582_20021950.jpg


ケルントナー通りで買い物をしてホテルに戻りました。 14時集合

17時50分 ウィーン発 オーストリア航空で成田へ 成田は季節外れの暑さで夏でした。


中世の街並みと世界遺産、一度見てみたかったクリムトの絵画などを楽しんで6泊8日の中欧4か国のツアー参加は楽しくあっという間に終わりました。
慣れない海外旅行体力が要ります。元気なうちにまた行く機会がありますように。


長々とした旅行記読んでいただきありがとうございました。



[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-30 21:06 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(4)

「今日も元気で1日が過ごせたことに感謝」 日々の記録


by みいうみ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31