2018年 10月 08日 ( 2 )

10月2日 世界遺産の街 チェコの首都プラハ観光 
予想気温13℃ 5℃  手袋が要ります。


プラハ城見学 
プラハ城は世界で最も大きな城でかってはボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城であった。現在は、チェコ共和国の大統領府もあり、聖ヴィート大聖堂 聖イジート教会 旧王宮 黄金の小路などの集合体の大きな城です。

d0341582_20063914.jpg
旧市庁舎天文時計塔から見た丘に建つプラハ城


聖ヴィート大聖堂 プラハ城の城壁の中にあるゴシック様式の大聖堂 
1344年 もともとロマネスク様式のロトゥンダのあった場所に建立 完成に600年を要し 1929年完成
内部は聖ヴァーツラフ礼拝堂ががあり、
地下にある墓はチェコ代々の王のもので 戴冠式用のクラウンジュエルが保管されている。

d0341582_20075594.jpg

右 ミュシャのステンドグラス 1931年作

d0341582_09301686.jpg

右 パイプオルガンも重厚です

d0341582_20285986.jpg

教会に入った時は曇天でしたが見学が終わるころ雲が切れステンドグラス越しに差し込む光がとてもきれいでした。

d0341582_21205532.jpg

余談ですが、4年前バルセロナのサグラダファミリアに行きました。
快晴の昼前に入場、教会の両サイドのステンドグラスから差し込む光が七色でとてもきれいでした。
太陽の位置によりステンドグラスから差し込む光は表情を変えます。


聖イジート教会 プラハ城内に残る最も古い教会 ボヘミアで最も美しいとロマネスク様式の教会

d0341582_21220454.jpg

d0341582_20102544.jpg


旧王宮 
アーチ天井の吹き抜け空間が特徴の「ヴラディスラフ・ホール」やかって使用された「国会議場」
天井の紋章が印象的な「新国事録の間」など見どころが沢山ありますが、写真有料です。


黄金の小路 
皇帝ロドルフ2世がここに金細工師を住まわせたことに由来する地名ですが、実際は衛兵などの住居で寝るだけの質素な物だったようです。
№22 作家フランク・カルカが1926年から1年間仕事場とした家 
    3年前の本であh濃いブルーでしたが塗り替えられていました。
    📷スポットですが、残念ながら作家カフカがわかりません。理解した人?% (笑)
人人人とスゴイ人出ですが、窓の横のプレートを指し📷で写真を撮るので人が交代の時この写真が撮れました。

d0341582_20071948.jpg



カレル橋 
プラハを流れるヴルタヴァー川に架かる橋 神聖ローマ皇帝カール4世の治世下1357年に建設が始まり1402年完成
建築家ぺルト・パルレー設計3つの橋塔があり 旧市街地の橋塔はゴシック様式の建築 
橋の欄干には左右15体づつ30体の彫刻が並んでいます。
このうち一番最初に建てられた 聖人ヤン・ネポムツキーの像の下の台座にあるネポムツキーのレリーフに触れると「幸運」が訪れると言われているので人だかりができていました。
しっかり触れてきました。💕 

d0341582_21182961.jpg

もう一か所のパワースポット 市内側の橋のたもとプラハ城の見えるところに愛の南京錠が掛けられています。

d0341582_21095686.jpg


旧市庁舎 天文時計 
時計塔の建設は、1490年ころ 
・仕掛け人形(16世紀)
  右横の死神を示す骸骨が紐を引き、からくり時計スタートです。
  上の窓からイエスキリスト弟子の人形が現れます。 最後は一番上の鳥が鳴いて終了
・天文時計
  天動説に基づき地球を中心とした天体の動きを示す。
・カレンダー時計
  中心にプラハの紋章その周りに12の月を象徴する獣と農作業風景が描かれている。

9月末に修理が終わった「からくり時計」が見られました。

d0341582_20070458.jpg



カレル橋見学後、旧市庁舎まで歩き、ツアー恒例お土産物屋さんに行き、
12時の天文時計を見学してから昼食に行きました。

昼食後、2時から自由行動です。




[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-08 21:35 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)
ブダベストから🚌で3時間  スロバキアの首都 プラチスラバへ

スロバキア 1993年 チェコスロバキアが、チェコとスロバキアに分離した国家です。
歴史ではチェコスロバキアと教科書で習った年代です。(*^-^*)


プラチスラバ城

d0341582_20520982.jpg

プラチスラバ市街の真ん中を通るドナウ川を見下ろす 岩丘の上に立つ長方形の四隅に塔があり、
ひっくり返したテーブルのような形の城
18世紀マリア・テレジアの居城として使われ、現在は博物館として使われています。
1811年の大火災で焼失 現在の城は、1956年~68年に再建。  
2008年の改修工事で外観が茶色→城に変わった。

d0341582_20562623.jpg
現地ガイドさんが持っていた大火災の写真


塔に登ると景色が素晴らしいそうですが、ツアーでは時間が無く前の広場で城の概要の説明があります。
城の前庭からのドナウ川 対岸は 左ハンガリー  右オーストリア

d0341582_20544418.jpg

d0341582_20550243.jpg


プラチスラバ城外観見学後は、バスで旧市内に移動 見学 ランチです。



ミハエル門 
旧市街地を囲む城壁にあった4つの塔の内現存する唯一の塔

      
d0341582_20534159.jpg


      ミハエル門の下には 世界各都市の方向と距離が刻まれています。

d0341582_20530897.jpg

東京まで9146km ローマ 783㎞ 

マリア・テレジアが戴冠式で通った道路を示す王冠マークの標識

d0341582_20535506.jpg


聖マルティン大聖堂 14世紀初めから約200年かけて建てられた教会
1563~1830年まで歴代ハンガリー王の戴冠式が行われた。
1741年 マリア・テレジアが戴冠式をした教会です。

d0341582_20532917.jpg


フラヴネーネ広場  正面塔のある建物 旧市庁舎  
右側 薄いグリーン系の建物は日本大使館 日の丸がかかっています。

d0341582_20532842.jpg


チュミル像  
マンホールの下から顔をのぞかせているおじさんの像 
「チュミル」スロバキア語で「のぞき屋」だそうです。
有名な像で人だかりがしていますが、暗くなると躓かないか心配です。
旧市内を散歩すると様々な像があり楽しいです。

d0341582_20532390.jpg


ブラチスラバ旧市街地 1平方kmくらいの広さで、建物もコンパクトな中世の街並みでした。
時間が無くたくさんのところを見る事が出来ず残念でした。

プラチスラバ城・ブラチスラバ旧市街を足早に観光して
🚌で約4.5時間 チェコの首都プラハに移動します。


ブダペスト → チェコ・プラハへの移動の通過点 のプラチスラバ観光があると言った移動の多い一日でした。


ツアーの食事は、3プレート 
サラダ or スープ    メインの一品   デザート です。
ツアー中 毎食のように茹でたジャガイモ、フライドポテトが出てきます。
食事は結構脂っぽい内容です。

昼ごはん プラチスラバにてレストランにて

ジャガイモのスープが美味しい一品でした。
d0341582_22070558.jpg




夜ごはん 
プラハのビアレストランで本場チェコ🍻飲み比べです。
普通のビール ハーフ&ハーフ 黒ビール  ビールはとっても美味しいです。


d0341582_22162444.jpg

d0341582_22065035.jpg

チョイスメニュー4種から一品 何を選ぼうか迷うところです。チーズのカツを選びました。
トマトの中にクリームの入ったサラダがさっぱりと美味。
下は、大勢の方が選んでいた牛肉の煮込み



[PR]
by sakura81-26 | 2018-10-08 21:34 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)

「今日も元気で1日が過ごせたことに感謝」 日々の記録


by みいうみ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31