2018年 08月 04日 ( 1 )

ヘンテノコミクス

行動経済学まんが 「ヘンテコノミクス」 佐藤雅彦・菅俊一 著

d0341582_08275705.jpg

書面にすると難しい行動経済学が、漫画でわかり易く解説されています。

・アンダーマイニング効果  報酬が動機を阻害する
・フレーミング効果     枠組みを変えると価値が変わる
・アンカリング効果     基準が判断に影響を及ぼす
・プライミング効果     事前の情報が解釈を左右する

カタカナの専門用語で書かれると分からない経済学 
日本語で解釈を書かれるとちょっと解る  
実例漫画を読むともっと簡単理解できる行動経済学の本でした。

物の考え方の本質が理解できます。

単行本や趣味の専門書は買いますが、久しぶりに本紹介を読んで購入した本。
楽しく一気に読め 行動経済学が理解できる本でした。
学生さんに読んでほしい本。



[PR]
by sakura81-26 | 2018-08-04 08:30 | 日々のこと | Comments(0)

「今日も元気で1日が過ごせたことに感謝」 日々の記録


by みいうみ
カレンダー