母90歳 グループホーム入居中 転倒股関節骨折 無事退院できました。

8月31日 転倒股関節骨折 9月1日 人口股関節置換手術
リハビリも順調 車椅子生活になりましたが、10月13日無事退院する事が出来、元のグループホームに戻る事が出来ました。

認知症は進んでいるようです。
娘と認識していますが、どれだけ理解しているのか不明。
病室で看護師さんやスタッフさんから「娘さん・・・・」と言われ 
皆さんから娘さんと言われるよく見る人 = 娘??かもです。
👨や孫の事は、認識できません。
息子も「孫によく似た人」から一段落ち、「知らない人」になりました。
毎日顔を見せて「孫の〇〇」と母にインプットさせれば孫に昇格できるかもしれません。(*^-^*)

認知症になり、自立志向の母は、出来ないことが多くなり混乱をきたして精神的に追い詰められていましたが、認知が進み自主的に何かをしようとすることが無くなり、穏やかになっています。 

手術前との変化
押し車自立歩行  →  車椅子生活
            指示を出せば車いすも自分で動かす事が出来るようになっています。
トイレ自立    →  トイレ誘導
            ほぼ失禁はないようですが、リハビリパンツ 
            立位は出来、リハビリパンツも上げる事が出来る。
食事 7分かゆ 刻みとろみ食になりました。食事量70%~ 時により100%摂食もあるそうです。
睡眠       →  夜間ぐっすり眠るようになった。


安定した病院生活から、グループホームに戻り環境の変化にどのように対応できるかわかりませんが、
1日でも早く落ち着いた生活が出来る事を願うばかりです。


d0341582_17263239.jpg
酔芙蓉



手術後、麻酔の混乱が長らく続き、食事誤嚥絶食となり、体重は34㎏になりました。
7月26日の健康診断表を見ると38㎏ 「るいそう」と書かれています。
るいそう(羸痩) 脂肪組織が病的に減少した症候をいう。いわゆる(痩せ)の程度が著しい状態
食べても もう太れなくなっています。
持っている服がすべて大きく、退院に際しsサイズの服を探しに行きました。
ショッピングセンターで2件洋服屋さんに行きましたがMサイズしかなく服が大きすぎます。
デパートのワコール らくラクパートナーというショップにSサイズの服がありとりあえず上着1着購入しました。Sサイズでも大きいくらいでした。


母が入院中 申し込んでいた旅行に出かけました。
5月の末に申し込んでいた旅行、母が転倒し手術した日にはもうキャンセル料(15日前までのキャンセル料 5万円)が発生しており二年前の悪夢がよみがえり、そのまま放置していました。
年前、旅行3日前の土曜日朝に元気はつらつだった父が発熱、土日病院休みの事を考え病院を受診したところ、肺に膿がたまり「余命あと1か月」と出てしまい、旅行3日前ドタキャンとなってしまいました。
旅行に行けるか最終決断は、旅行3日前(キャンセル料20%)までです。
「今回の旅行また行けなくなりそう」と介護職だった友人や知人に話したら
「母は、内科でなく整形外科入院中で病状が安定して、認知症で騒いでいなければ病院ほど安全なところはない。今が一番旅行に行きやすい」と旅行に行く事を勧めてくれました。ありがたい後押しで旅行に出かけました。
主人と息子夫婦に後を頼んで出かけました。面会に行っても認識されず可愛そうでしたが・・・。
こういう時、兄弟がいないということはとても不便です。
旅行中、母も病状に変わりなく、台風も心配されましたが被害もなく一安心です。
帰って来て病院に行ったら誰だという顔をして、きょとんとしていました。やっぱり忘れていました。💦
毎日病院に通うと娘だと認識しています。年齢を99歳だという母です。





[PR]
Commented by s-jw at 2018-10-18 16:48
お母様、退院おめでとうございます。
それにしても体重34キロとは・・・ご心配なことと思います。

私もみいうみさんと同じようなを経験しました。
ちょうど10年前の2008年4月に、姪とTDLに行く予定でいました。
その2日前に、母が行き付けの整形外科で下痢と嘔吐で救急車で総合病院に運ばれたのです。
mixi日記を読んだら、母は急性の胃腸炎で2日入院して退院したのですが、前日のキャンセルはキャンセル料がかかるので、弟に後を頼んで旅行に行きました。
母の初めての入院でした。
あの頃のことを思い出すと、いろいろ心配なことがいっぱいありました。
今は施設にいるので、本当に安心です。
Commented by sakura81-26 at 2018-10-18 22:41
シズコさん こんばんは。
無事退院できました。ご心配頂きありがとうございます。
手術後の全身麻酔や誤嚥の影響で点滴だけで過ごしていたのでどうしようもないですね。
グループホームに帰った後は7割以上食べているようで安心しています。
若い頃は何の心配もなく旅行など遊びを計画していました。
親が高齢になるといろいろな面でリスクが伴います。
今は旅行の計画を立てた時点で親の健康を祈っている状態です。
「元気が一番」です。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sakura81-26 | 2018-10-14 08:06 | 両親の事  | Comments(2)

「今日も元気で1日が過ごせたことに感謝」 日々の記録


by みいうみ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30