親の事 母89歳グループホーム入居中 父の三回忌

少し早いのですが、父の3回忌に法事を菩提寺で執り行いました。

母、体調も良いようなので、菩提寺で営む三回忌の法要に行く事にしました。
新しい記憶が全くダメな母、前日に黒い服を持って行って
「覚書ノート」に明日9時半ごろ迎えに行くので服を着て待っているように書いて帰ってきました。
9時半ごろ迎えに行くと 普段着の上から黒い服を着ておかしいと思ったのか着替えをしている所でした。
朝から厚着しすぎて体温調整が出来ず37,1度の微熱。服の着方がわからないのイライラして高血圧。
しかし、母は行く気満々?なので連れていくことにしました。

在宅中は、よく「パニックになる」と言っていました。 
久しぶりに服のコーディネートが分からなくて「パニックになる」と言う言葉が出てきました。
「パニックになる」認知症の方が言われるフレーズだそうです。
毎日の生活、同じことの繰り返しで生活していれば何ら問題が無く過ごせますが、
新しい出来事が出て来ると対応できなくて何が何だか分からなくなり、「パニックになる」ようです。

訳が分からなくなり「パニックになる」と当初は大変混乱していました。
在宅中一番混乱したのは、役所・自治会・管理組合の書類でした。
グループホームに入り新しく対応しないといけないことが無くなり穏やかに生活しています。

二年前まで毎月バス・電車に乗って菩提寺のお墓に月参りでお参りしていた母です。
お墓に行くのは、お寺の奥さんとお喋りできる事も楽しみの一つだったようです。
1年8か月振りにお寺の奥さんとお会いする事が出来ましたが、話が噛み合わず誰か分かっていないようです。
母の頭から記憶がだんだん消えていくようです。

法事後、ホテルで食事をしてグループホームに戻りました。
食欲はあり、噛み切れない物以外は完食です。食欲があり良しとしました。


三回忌の法要無事終わり ホッとしています。

d0341582_07455063.jpg
角館  青柳家の庭にて ミヤコワスレ 




[PR]
by sakura81-26 | 2018-06-03 07:56 | 両親の事