お花見 1、哲学の道~南禅寺~インクライン~岡崎

3月27日 最高気温23℃ 午後から桜は一気に満開へと。

午前中 哲学の道~南禅寺三門~水路閣~インクライン~平安神宮の鳥居前まで歩いてきました。
午後から高瀬川の桜 祇園白川の桜を見てきました。

市バス銀閣寺道下車 
銀閣寺道 「哲学の道」始まり  ソメイヨシノ5~7分咲きです。 9:45

d0341582_22342079.jpg


d0341582_23013788.jpg

哲学の道 
琵琶湖疎水分線に沿うように若王子~銀閣寺道まで1,5㎞の散歩道。
哲学者西田幾多郎などが思索にふけりながら歩いたということで「哲学の道」と呼ばれています。
哲学の道の桜並木は、「関雪桜」と呼ばれています。
この桜並木は、銀閣寺畔に居宅を構えていた橋本関雪画家として大成した時に妻よねの提案で、苦しい時代を支えてくれた京都の人々への恩返しに寄贈したもので、大正10年に約300本の若木が植樹され、桜並木が出来ました。
(関雪桜の説明プレートより)

d0341582_22362666.jpg

d0341582_22351663.jpg

南禅寺

d0341582_22381162.jpg

南禅寺三門  三門の上に登れます。 入場料500円
現在の三門は寛永5年(1628)藤堂高虎が大阪夏の陣に倒れた家来の菩提を弔うために再建。
歌舞伎「楼門五三桐」の石川五右衛門の伝説で有名です。
山門楼上内陣の正面には仏師左京等の手になる宝冠釈迦座像を本尊とし、その脇士に月蓋長者、善財童士、左右に十六羅僕を配置し、本光国師、徳川家康、藤堂高虎の像と一門の重臣の位牌が安置されています。また天井の鳳凰、天人の極彩色の図は狩野探幽、土佐徳悦の筆とされています。by 南禅寺HP 抜粋
三門の中は小さな窓からのぞく事が出来ます。
以前 文化財特別公開で三門の中を見たことがあります。 天井絵は当時の極彩色を残していていました。

南禅寺の三門に登りました。石川五右衛門の見た景色絶景です。

京都市内方向 平安神宮の鳥居も見えます。 正面の高い建物はホテルオークラ
d0341582_23255595.jpg

三門から法堂方面
d0341582_23042054.jpg



南禅寺法堂の横から水路閣へ向かいます。
水路閣
d0341582_22394743.jpg

琵琶湖疏水の分線(蹴上以北)にある水路橋で1888年(明治21)完成。
南禅寺境内を通過するため、周辺の景観に配慮して田辺朔郎が設計、デザインした。
全長93.2メートル(幅4メートル、高9メートル)レンガ、花崗岩造り、アーチ型橋脚の風格ある構造物

水路閣の上
d0341582_22404478.jpg

水路閣からインクラインに向かいます。

インクライン 世界最長の傾斜鉄道跡
蹴上の船溜まりと 琵琶湖疎水記念館前の南禅寺船溜まりを結ぶ延長640m 勾配15分の1 
船を台車に乗せ巻き上げ機で船を運搬していた。
現在は廃線となり、インクラインの両サイドに90本の桜が植えられています。
                   
 南禅寺船溜から市内を望む
d0341582_22413699.jpg

蹴上から 南禅寺溜付方向
d0341582_22470763.jpg


岡崎疎水 こちらは十石船で疎水から桜を見ることもできます。
京都市美術館 平安神宮鳥居 
d0341582_22433308.jpg

京都近代美術館  AM11:43
d0341582_22441028.jpg

京都市美術館前から昼食のためにバスで四条河原町に戻ります。

午後から背割りの桜を見に行こうと計画していましたが、
インスタにUPされていた背割り提の写真を見ると3分咲きなので午後は高瀬川と祇園白川の桜を見て帰宅することにしました。

桜情報 
高瀬川・祇園白川 昼頃満開 3時頃風が吹くと花びらが散り始めました。



[PR]
by sakura81-26 | 2018-03-27 23:32 | 京都 四季散歩

「今日も元気で1日が過ごせたことに感謝」 日々の記録


by みいうみ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30