青森旅行 2日目 Ⅱ 奥入瀬渓流散策(ガイドツアー)

ホテルのネイチャープログラム、
自然ガイドと一緒に奥入瀬渓流の人気コースを歩く散策プログラム「奥入瀬ガイドウォーク」に参加してきました。
ホテルから車で「石ヶ戸」まで送迎 上流の「雲井の滝」まで の約2.6Kmを2時間20分ほどかけてじっくり歩きます。
例年より1週間早く始まった紅葉の中 奥入瀬の散策を楽しんできました。

d0341582_17190010.jpg


石ヶ戸 からスタートです。

d0341582_17085301.jpg
「ケ戸」とはこの地方の方言で「小屋」の意。つまり「石ケ戸」とは石でできた小屋、いわゆる岩屋を意味しています。
実際、大きな岩の一方がカツラの巨木によって支えられて岩小屋のように見えます。


d0341582_17095161.jpg


d0341582_17101263.jpg

d0341582_17102732.jpg


d0341582_17105293.jpg

流れの緩やかなところに いわなが泳いでいます。
d0341582_17112413.jpg


d0341582_17115456.jpg


d0341582_17122353.jpg


d0341582_17124499.jpg



名前の無い滝? 奥入瀬で唯一奥入瀬川を水源としない滝
右のたまりで イワナが縄張り争いをしていました。初めて見る光景。
d0341582_17144620.jpg


d0341582_17151864.jpg


d0341582_17155711.jpg



d0341582_17170554.jpg


d0341582_17175113.jpg


阿修羅の流れ
d0341582_17182480.jpg


九十九島
d0341582_17193209.jpg


平成の流れ  遊歩道を歩かないと見えないようです。
d0341582_17200490.jpg


d0341582_17211640.jpg

落葉樹の中に針葉樹が1本植えられています。
座標代わりだそうです。
d0341582_17214957.jpg


千筋の滝
d0341582_17221162.jpg


雲井の滝
d0341582_17223810.jpg


奥入瀬渓流には約300種類の苔が生息しており、渓流沿いの遊歩道から気軽に苔の観察ができるとこから、2013年「日本の貴重なコケの森」選定されました。
苔用のルーペも貸していただき 散歩中苔も見ました。 
携帯のカメラから ルーペ越しに写真を撮ってみました。 ピントはとこかな?

d0341582_20324144.jpg


奥入瀬渓流 十和田湖の子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの流れ。
行程さが少なく遊歩道が完備されているので歩きやすい。

昨日は雨で 堆積した落ち葉がぬかるみになっている所もあり運動靴ではない方が良い。
ホテルで長靴を借りて出かけました。 結構ぬかるみがあって3cmぐらい靴が入ります。
どろどろに汚れたのでホテルに入るとき水道で泥を取りました。とても履きやすい長靴です。

d0341582_20140495.jpg


ホテル⇔雲井の滝の間はホテルの送迎バス(宿泊者限定)が、1時間に1本出ています。
気軽に奥入瀬散策を楽しめます。


例年より1週間早く始まった紅葉。 
紅葉し始めた木々のコントラストが綺麗で石ケ戸~雲井の滝までの短い距離でしたが、ガイドさん一人に6名、ガイドさんの説明を聞きながらゆっくり散策してきました。
iphone8のカメラで撮っています。普通のカメラを持って行ってもゆっくり写真を撮る時間があるツアーでした。
ツアーに参加してゆっくり奥入瀬の自然を楽しめて良かったです。

ホテルでは数々のアクティビティが用意されています。
昨夜は雨で星空観賞ツアーも参加できず、時間が無く露天風呂の八重九重の湯も行けず・・・
心残りがあります。


これからランチに行きます。






[PR]
by sakura81-26 | 2017-10-15 20:59 | 春夏秋冬 お出かけ