今年最後の筍?


京都でも有名な筍の産地が近い我が家は、白子の良質の竹の子が手に入ります。
筍は 穂先が土から出ていない 土の中で生育している筍が収穫されます。

息子の知人が竹の子農家。 
取れたての筍を湯がいて販売しているので近年は基本 筍は湯がいたものを購入しています。
筍のえぐみが無く美味しい筍です。
筍の刺身が美味しく たけのこご飯も筍のおいしさを生かすため昆布と上質のカツオで出汁を取り筍だけであっさり焚きます。
筍の天ぷらも美味 塩で食べました。

d0341582_20514553.jpg

d0341582_20520460.jpg


残していた筍 保存方法
ボールに筍が漬かる水を入れ 筍がはみ出ないように皿で落し蓋をして毎日水を変えます。
これで1週間ぐらい保存できます。

d0341582_20554210.jpg


今年は寒かったため 筍が出るのが遅く初めて食べたのは14日
25日「今年最後の湯がいた竹の子の販売」があると連絡があったので買いに行ってくれました。

これが今年最後の筍料理になりそうです。



[PR]
by sakura81-26 | 2017-04-29 21:03 | 料 理