母88歳 最近計算が出来なくなりました。


昨日は、一人でお墓参りに行ってきました。
母を誘いましたが、「また暖かくなったら行くわ。」と欠席です。

88歳の母、加齢からくるのでしょうか、金銭の計算が危うくなってきました。
9日、朝から電話で 「水道代の検針があって 9000円ほどいるんやけど 預金の残高が無いかも。どうしよう。」と言ってきました。

10日前、一緒に郵便局へ行き 普通預金の残金を確認しています。
「2月の27日、病院の帰りに郵便局行ったとき ※※万ぐらい普通預金にあったよ。 郵便局の預金通帳もってきて見て。」

預金通帳を持ってきたようで「9000円引かれへん。」
「残金1万円なん?」  
「違う」 
「そしたら払えるやん。」
同じ事の押し問答が続き 「明日残高確認に行くわ。」と電話を切りました。

10日、実家に行き 「水道代どうなったん?残金あったん?」
母曰く「そんな事言うたかいなぁ~。 もう忘れたわ。」 と強制終了。 話題を変えました。

日々老いが目立つようになった母です。 

10か月前まで 立て替え金もレシートを渡しておくと計算してお金を用意、いつでも渡せる状態で準備されていました。
今は「計算するの邪魔くさいわ。全部でいくらある?」とレシートをまとめて返し、お札を用意しています。


昼、娘と母と3人で寿司を食べに行ったのですが、 
「今日は、私が払うわ。いつも出してもらっているし、たまに払わして。」と1万円を預かりました。
10分もしないうちに 財布をごそごそし始めました。 
「何してるん?」 
「ここのお金出そう思たんやけど、お金入れてきた筈やけど あらへん。」
「さっき、もろたえ。」と言っても 理解せず 1万円札を出し見せると
「そうやったんかいな。」 理解せぬままに時間が流れ、お釣りを渡しておきました。

この話を介護真っ最中の知人にすると 
「早いうちに物忘れ外来を受診した方が良い。 〇〇病院の物忘れ外来に予約して受診したほうがいいよ」と物忘れ外来の受診を勧められました。もう少し様子を見て検討しないといけません。


2013年ごろ 父の認知症が一気に進み家族では対応できなくなりました。
有料の老人ホームを申し込みました。介護認定は、要介護2 
公的な老人ホームも4件申し込みましたが、何百人も待たれ 1年以内に入れる保証が100%無いのが現実でした。
(2016年より公的な老人ホームは、要介護3以上の入所になっている。)

母は、家事全般に対しては意欲があるので、できれば在宅でと思います。
歩行に支障があるのでいつ転倒するかわかりません。
先を見越して計画と思い、有料老人ホームを予約しようと調べましたが 要介護1~5と書かれています。
母は、要支援2 うぅ~ん 該当しない。 

お金の取り扱いの件に関しては、まだ自己管理するようです。

何かあった時のために 情報を出来るだけたくさん集めておく必要があります。



庭の沈丁花 一本はたくさん咲きいい香りがしています。

d0341582_13565569.jpg

白と赤の二本組 白はまだ蕾。 昨年選定をしていないのでずいぶん大きくなりました。
来年はどのような状況で沈丁花の開花を待つのでしょうか。穏やかな日々が続きますように。


 

[PR]
by sakura81-26 | 2017-03-14 14:08 | 両親の事 

「今日も元気で1日が過ごせたことに感謝」 日々の記録


by みいうみ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30