こつこつと。


趣味の手作り 開店休業?状態。 

KUMAに着せようと採寸から始め、見本を作成しています。 

昔取った杵柄 やり始めると作業は進むのですが、いまいちやる気が出ず 気力も⤵。


裾に綿を入れてふっくらさせます。

d0341582_10180205.jpg

d0341582_10174685.jpg



やっと完成 🙌  袖丈12cmの作品
飾りだったら完成です。  しかし、KUMAに着せると襟ぐりの深さが足りません。 
晒で仮縫いした時に違和感はなかったのですが、生地の厚み・固さの計算が出来ていませんでした。
何事もたまにやると 失敗はあります。めげずに 襟の付け直しをします。

生地は手芸店で販売されている化繊の織物です。 



[PR]
# by sakura81-26 | 2017-09-20 10:39 | handmade | Comments(0)

母愛用の日めくり

d0341582_16435524.jpg


掛けるところがないのでベットの手摺にかけてあります。
几帳面な母は、夜寝る前に日めくりを半分めくり準備をしておくそうです。
日めくりのおかげで 今日の日付が確認できています。

几帳面だった母ですが、
洗濯物がきれいに畳めなくなっています。
着替えの洋服と下着は、枚数に不自由の無いように用意してありますが、スタッフさんにはいつも着替えが無いと言っているようです。 
ここの施設は、施設内洗濯で入浴日の当日または翌日には洗濯物はすべて帰ってきます。
着替えなどタンスの中にきっちり入っていますが、認識できないようです。


施設に入り20日が過ぎました。

入所当時は、いろいろなことがありましたが、先週くらいから落ち着いてきています。

今日は、気分転換の為 散歩を兼ねた買い物に同行してきました。
施設からショッピングセンターまで800m 母の歩行では片道20分かかります。
施設に入り 杖歩行から押し車に変えてから歩行が安定するようになりました。
帰りはタクシーで帰ればいいと思っていましたが、往復歩くと言い頑張って歩いてきました。

腰が悪く右足を引きずるように歩行する母です。歩けなくなることが最大の不安のようです。


土手に赤・白・黄色オシロイバナが咲いていました。 

d0341582_16451846.jpg

道沿いに咲いていた花 1mくらいの高さのところに花が束になってついています。 花の名前不明。

d0341582_16454724.jpg






[PR]
# by sakura81-26 | 2017-09-19 17:09 | 両親の事  | Comments(2)

手作り味噌 天地返し


春仕込んだ手作り味噌  底には醤油分がたまっています。

カビの有無の点検 味を均一にするため味噌全体をかき混ぜます。

d0341582_13214835.jpg

もう少し黄金色をしています。光の加減で色がうまく出ないようです。


とても美味しそうな田舎味噌になっています。 これこそ手前みそ。

熟成した赤みその状態が美味しく好みです。このまま来年の春以降まで熟成します。



麹15割 まだコクの無い味噌ですが、出来立ての味噌で味噌汁を作りました。
カボチャ・ワカメ・渦巻き麩 
かぼちゃは薄切りにして 耐熱容器に入れ、電子レンジ1分かけてから出汁の中に入れます。


d0341582_13220449.jpg


味噌は、美味しく仕上がっています。 来春の味が楽しみです。





[PR]
# by sakura81-26 | 2017-09-10 13:31 | 料 理 | Comments(2)

9月8日 国立国際美術館 『バベルの塔』展に行ってきました。 (10月15日まで)

d0341582_20432730.jpg


ピーテル・ブリューゲル1世「バベルの塔」1568年頃 
油彩、板。縦約60センチ×横約75センチ。
旧約聖書「バベルの塔」を ブリューゲルの時代に置き換え描かれています。
雲を超える高い塔  下の方の古いレンガは色あせ建設にかかる膨大な時間の経過を表しています。

展示室は絵画の一部を拡大して 解説されているので絵が理解しやすい。

絵画の前で見る順番に並びました。50~60人 30分以上順番を待ちました。 
目の前で見る「バベルの塔」は、細部まで細かく描かれていて見ごたえのある作品です。 


「バベルの塔」
旧約聖書の《創世記》第11章に現れる巨塔。人びとは天にも届く塔を建てようとしたので,その高慢に怒った神は,言語を混乱させ,人びとを各地に散らして完成を妨げたという。(出典 百科辞典マイペディア) 
旧約聖書に登場する有名な物語です。

「バベルの塔」の高さ
東京芸術大の産学官連携プログラムが、展覧会の関連企画で人物の身長を基に試算したところによると、
塔の高さは約510メートル。日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(300メートル)よりはるかに高く、台湾の「台北101」(高さは509.2m)と同程度となる。そうです。

d0341582_20433901.jpg

ブリューゲルの版画も沢山出展されています。 細かい描写で見るのに望遠鏡が要りました。
「大きな魚は小さな魚を食う」面白い作品でした。「強い権力を持ったものは、弱いものを支配し、破壊することができる」ということわざを表している作品だそうです。

「バベルの塔」展  楽しい展覧会でした。


美術館 四ツ橋線肥後橋まで歩き 梅田に向かいました。美術館最寄り駅まで10分程度歩きます。
梅田まで徒歩20分と書いてあります。  



今日のランチ 
美術館に行く前に 大阪城公園横の ホテルニューオオタニで中華ランチを頂きました。

d0341582_21115812.jpg

d0341582_21231939.jpg

フカヒレ土鍋ご飯でおなかがいっぱいになりました。 

京阪電車 京橋駅 → 渡辺橋駅下車 国立国際美術館へ行きました。



[PR]
# by sakura81-26 | 2017-09-09 21:34 | 春夏秋冬 お出かけ | Comments(2)

今日の散歩 9月6日


気温は30℃ 雨上がりで蒸し暑い日です。

5日出かけた折 歩き方見た娘から「背中が丸い 歳を感じる歩きになっているよ。背中を伸ばしてちゃんと歩かないと。」とありがたいアドバイス。
引きこもって趣味のチクチクしていると背中が丸くなっています。 あかんあかん。 
今日の散歩のポイント 姿勢に気をつけて背筋を伸ばして歩いてきました。


酔芙蓉 PM5:00    しっかりきれいなピンクに替わってきています。

d0341582_08523153.jpg



公園の酔芙蓉

d0341582_08511093.jpg


緑道のヤマボウシ? 色づき始めました。

d0341582_08512732.jpg

藪ラン

d0341582_08501862.jpg


今年は桜の色づきが早いです。

d0341582_08530684.jpg


背中が丸くならないように歩く姿勢に気をつけて30分散歩

今日の散歩 3416歩


我が家のホトトギス 開花し始めました。

d0341582_08495562.jpg







[PR]
# by sakura81-26 | 2017-09-07 09:23 | 今日の散歩 | Comments(0)

今日の散歩 9月5日 


雨の前で蒸しっとしていますが、最高気温が30度を切り過ごしやすくなりました。
昨夜は、月が綺麗でしたが明日の満月は雨でしょうか。


酔芙蓉 
PM2時 花はピンクになってきれいに咲いています。 赤いつぼみは昨日の花
朝開花した花は 白 →  ピンク  →  夕方濃いピンクと色が変わります。

d0341582_15490657.jpg


桐の果実 たわわと実っています。 

d0341582_15482296.jpg

d0341582_15483537.jpg




キバナコスモス

d0341582_15492230.jpg


ツクツクボウシが鳴いています。  草むらではコオロギが鳴き始めています。 
真ん中の小さな実 大きくなればどんぐりになります。

d0341582_16053753.jpg


水芙蓉を見ようと急な坂道を上がる散歩コースを選んだら疲れたので途中で帰ってきました。

今日の散歩 3165歩   





[PR]
# by sakura81-26 | 2017-09-05 16:14 | Comments(0)

今日のおやつ 焼き芋

スーパーの野菜売り場で売っている「アツアツの焼き芋」

d0341582_10551751.jpg


ねっとりと甘くて美味。

暑い時期も見かけたら買ってきます。 夏は冷蔵庫で冷やして食べます。



先日、お稽古でこの焼き芋の話が出ました。
友人もこの焼き芋のファンで夏でもアツアツの焼き芋買っているよと。
焼き芋話で盛り上がり。 歳のせいか蒸した栗芋は、喉に詰まりそうで年々苦手です。

販売時間は不明。売っていればラッキーとすぐに買ってしまう焼き芋ですが、売り切れていることがほとんどです。


[PR]
# by sakura81-26 | 2017-09-03 10:58 | 今日のおやつ | Comments(2)

9月1日 今日も晴 きれいな青空です。快晴の日が3日続いています。 
今、梅干しの土用干しをしたら一気に梅干しが仕上がるのではないかと思い空を眺めます。

d0341582_09204138.jpg


携帯電話を使おうとしない母は、必要に駆られ施設の方に電話をかけてもらいました。
要件は「靴下と衣類が無い」
衣類は、入所時部屋の箪笥の中に入れ母と確認していますが、もう忘れています。

施設に行くと元気な母が居ました。
食事は美味しい。 スタッフさんが親切でとても居心地がいい。 こちらに来て夜も安心して寝られるようになった。と言います。

母の事を心配している姉妹に携帯で電話をかけます。
1・2・3いづれかのボタンを押すだけでつながるように設定していますが、携帯は難しいと思い込んでいる母は使おうとしません。
携帯の操作を教え姉妹に電話しました。
姉妹に「こちらに来てよかった」と報告しています。 母の事を心配してくれていた姉妹も母の元気な声を聴いて安心してくれました。
電話が掛けたくなったらスタッフさんに頼めばいいと思います。


今日は、母の住んでいたマンションのサッシュ取り換え工事です。
ショートステイ入所準備で衣類が見つからず家は散らかり放題。朝から家を片付けに行きました。
母が居ないので片付けがはかどります。 良いのか悪いのかわかりません。

13時から工事 15時前に南面3か所 取り換えが終了しました。 

before
「公団 サッシ」の画像検索結果


after 

サッシュ下のすりガラスが無くなり部屋がとても明るくなりました。

d0341582_09223789.jpg


d0341582_09221727.jpg





[PR]
# by sakura81-26 | 2017-09-02 09:38 | 両親の事  | Comments(0)

今日は久しぶりに涼しい朝です。午前中は、青空にうろこ雲 秋ですね。

d0341582_15230696.jpg


8月30日からショートステイに入りました。

ディサービスについては「私はディサービスに行くほど悪くない」と行く事を拒否していましたので、初めての集団生活に馴染めるかいささか不安はあります。


宿泊準備が大変

下着・衣類・タオルと数を揃えないといけないのですが、下着類の枚数が無いと言い出しました。
勝手に母の部屋を探すと怒るので、母に任せていると「ないから買ってきて」と言います。
娘は知っています。 母の性格から新品の下着は大量に備蓄?しているはず。
ゆっくり探してもらうと違う部屋の押入れから 8枚ほど新品が出てきます。
まあ~ 母の動作を尊重すると時間が3倍くらいかかります。


ショートステイで初めての昼食

テーブルで皆さんに紹介され自己紹介しています。
食事は美味しく量も多いそうです。 食事の質にうるさい母が美味しいと言っています。
偏食で食の細い母ですが、「隣の人は全部食べているし、頑張って食べたからしんどい。」と言います。
「人様に良い所を見せず、食べられる量だけ食べてや。 見栄はらんでいいよ。」とアドバイス


スタッフさんに感謝

昼食を終え、忘れものを取りに家に帰り戻ってみると居室の椅子に座り一点を見つめ怒っている母が居ました。
怒っている原因を聞くと「何か思い出せへんけど 持って行くと用意したものをあんたが勝手に持ってきてない。」と言います。
言われたものはすべて持ってきました。
怒っている原因は、歯磨き粉がないためでした。 朝使ってから洗面具に入れ忘れたようです。 
思い返せば 朝から爪切り3つ 爪やすり3個 ベビーパウダー2個 パフ3個用意していたものを最小限1個づつ持って行くように言ったことが気に食わず根に持っていたようで、歯磨き粉が見つからず怒りに火が付きました。歯磨き粉を買いに行くからといっても怒りは収まりません。
スタッフさんが、おやつの時間が近い為気分転換にと食堂に連れて行ってくれました。 
スタッフさんに感謝です。
おやつの後、体操まで参加して 1時間半後 何事もなく帰ってきた母が居ました。 

家に一人でいる時、怒りはどこで収まったのでしょうか。 
物が見当たらないと娘の責任するか、わからないパニックが起きる認知症が出始めった母です。


初めての携帯電話を持たせました。

「使い方わからへんから要らん」と全く使おうとしませんが、毎日のように姉と電話でおしゃべりを楽しんでいるのにショートステイに行って話が出来ないと困るんじゃない???
老人ホームに入っている母の姉(92歳)は携帯で電話をしてきます。4年ぐらい前は電話番号を押して電話してきていましたが、今は短縮ボタンでしか操作ができないようです。

携帯3社の見積もりをしました。 
毎月の代金については新規契約だとどこの会社もそんなに変わりません。
微妙に一番安かった自分と同じ auで らくらくホーン電話かけ放題プランで契約しました。
7年ぶりのガラケイ らくらくホーンだからかとても見やすく使い勝手が良いです。

毎日のように話をしている姉の携帯電話の登録変更を従妹に依頼しました。
叔母は早速電話をかけてきてくれました。 姉妹たわいないおしゃべりをしています。
ちょっと携帯電話に興味を持った母が居ました。

急にショートステイが決まったので携帯に慣れる準備期間が無かったので最初の使いこなしは無理かも。
姉妹と話がしたいと思えば使えると思います。

母の目の前で スタッフさんに電話をかけたいときのヘルプをお願いしました。



この2か月 母の対応で疲れ果てました。 母が入居して久しぶりに穏やかに過ごしています。



[PR]
# by sakura81-26 | 2017-08-31 15:36 | 両親の事  | Comments(2)

この2ヵ月 ADLの低下で出来ないことが多くなってきました。
日常生活で普段と違うことが出てくると、「頭がパニックになっている」とよく言うようになり、対応に苦慮しているようです。
好きだった料理もできなくなっていますが、極めつけは薬の管理が出来なくなりました。
要支援2。 ディサービス・ヘルパー派遣の増は望まず 一人暮らしが限界に近づいてきました。

8月7日 精神内科定期受診時胸の痛みを訴え、胸部レントゲン・心電図・血液検査をしました。
「異常無し」 (2ヵ月前もかかりつけ内科で同様の検査をしましたが「異常なし」の診断)

母は、「胸の痛みがあり厳しい暑さで買い物にも行けないのでしゃべる人もいない」と先生に話します。
先生は、公的サービスを使い ディサービス・通所リハビリ・ヘルパー枠を増やすことを提案されますが、母は良い返事をしません。

普段の生活は、ぼちぼちでもこなせますが、お盆が来て お盆の準備ができない母が居ました。
薬も管理が出来なくなっています。 神経内科の薬は分包で処方してもらっていますが、内科の薬は自分で毎食分けて飲めるとシートのまま貰っていましたが、分包されていないので飲み方がわからないと言い出しました。

13日
娘の援助も限度があるので、「ディサービス・通所リハビリ・ヘルパー枠を増やすこと」を勧めました。
人がこれ以上家に入ってくるのは精神的負担が大きい」と拒否しました。

胸の痛みがあり日常生活の不安を訴える母に看護師さんが居る老人ホームの入所を勧めてみました。
父が老人ホームに入所した時の過程を知っているので、
「近い将来、在宅が不可能になるので老人ホームの順番待ちをしてみない?」と提案したところ 
そうやな~ 順番待ちしようかなぁ。」と言います。
お金足るんかいな~。」とお金の心配をします。
「別にお金残してもらおうと思わないし、父と同じようなところなら入れると思うよ。一度ケアマネさんに相談してみるわ。」


母は、要支援2
腰の二度の手術で 右足踵がしびれ歩行に不自由している。 
女の性か? 買い物・調理・掃除ができる。 
入浴介助を望まないので浴室をリフォームして自力で入浴している。 
今年1月の介護認定見直しでも要支援2でした。

父が入っていた老人ホームを調べると要介護1からの入所でした。
公的な特養老人ホームは 要介護3からの申し込みとなります。
有料の老人ホームは、要介護1からの申し込みのところが多い。
要支援2での申し込みできるところはサービス付き高齢者住宅。
高額な入居金は払えない。 入居金0を希望。


ケアマネさんに連絡して 母が入れそうなところをピックアップして教えてもらいました。
A 自宅から近い。入居順番待ち。 職員数が少ない
B 自宅から車で20分 他の市にある 入居順番待ち 居室代金が少し高く毎月の負担が少し多い
C すぐに入居できる。 訪問看護師 ヘルパーは外部へ依頼 居室に浴室がある。
D すぐに入居できる。入居金家賃の3ヵ月分 日中常駐職員が少ない

インターネットで見つけた物件
E 家から車で10分 入居待ち 小規模多機能型居宅介護併設 常駐の職員数が多い 同じ行政区にある。

サービス付き高齢者向け住宅

介護サービスを提供できる高齢者向けの住まいです。食事や清掃から介護サービスまでをご希望に応じてご利用できるのが特長です。「月々一定金額」で介護サービスを受けられる便利な小規模多機能型居宅介護を併設。 個別の利用計画にもとづいて施設の介護スタッフがサービスを提供する仕組みになっています。小規模多機能型居宅介護では、ケアマネジャーが入居者様それぞれの状況や要望に応じて個別の利用計画を立てています。



A~Eまで 検討の結果
BとEを選択 家から近いEから見学しました。
娘のみ一度E施設を見学した結果 こちらでお世話になろうと思い、再度母を連れて見学に行きました。
母も見学の結果、こちらでお世話になると言います。 順番待ちをすることにしました。


ディサービスにも行きたがらない母ですが、暫くショートステイに入ることになりました。
他人が居室に入ることを極端に嫌がる母ですが、
「病院と一緒で介護スタッフはいつでも部屋に入るよ。」といったところ
「病院と一緒やったら良いわ」と言います。       理解レベルがわからんわ。



さてどうなるか。  入所準備で忙しくしています。  



[PR]
# by sakura81-26 | 2017-08-29 08:32 | 両親の事  | Comments(4)